×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

後白河法皇~ 源平の武将を操り続けた “ 謀略家 ” ~

『鎌倉殿の13人』主要人物列伝 第7回


保元の乱、平治の乱にかけて武家を徹底的に利用し自己の勢力を拡大。その後、次々と台頭する平清盛、木曽義仲、源頼朝と政治的駆け引きを繰り返し、朝廷の地位を守った稀代の謀略家。その事績を追う。


源平合戦後、源頼朝と義経と関係悪化を謀るためさまざまな策謀を仕掛けた後白河法皇。これに激怒した頼朝は後白河法皇を「日本一の大天狗」と罵った。イラスト/宇野市之丞

「院政」というのは、天皇を辞めた上皇・法皇が院庁において国政を行うことを指す。この政治形態は、平安時代末期の白河上皇によって開始された。院政を最もうまく利用して、武士団を操り(対立・妥協を繰り返し)続けたのが後白河上皇(院/ごしらかわほうおういん)であった。

 

 白河院は、大治2年(1127)9月11日、鳥羽上皇の第4皇子として誕生した。近衛(このえ)天皇の死去に伴い、久寿2年(1155)7月に践祚(せんそ)した。 だが、この践祚が異母兄・崇徳(すとく)上皇には不満であり、保元の乱(1156)の一因になった。後白河院は、平清盛・源義朝(よしとも)らの武力を使って崇徳上皇・藤原頼長(よりなが)らの敵に打ち勝った。この後の保元3年(1158)8月に二条天皇に譲位して上皇となり、院政を開始。

 

 その院政時代は、一時の中断はあったが、二条・六条・高倉・安徳・後鳥羽の5人の天皇を通し30余年に及ぶことになる。

 

 上皇は藤原信西(しんぜい)を重用するが、これが平治の乱(1159)に繋がり、信西を殺した義朝は、清盛によって倒される。平氏全盛時代がやって来ると、上皇は清盛と計って反対派を抑え政治の実権を握った。一方で、「英雄並び立たず」で、清盛との対立は深まった。

 

 治承元年(1177)には、法皇の近臣が平家打倒の密謀を企てた「鹿ヶ谷(ししがたに)事件」が起きて、治承3年には清盛によって上皇は幽閉される。これが、第2皇子・以仁王(もちひとおう)の挙兵に繋がり、頼朝や義仲(木曽)ら各地の武士による平氏打倒の挙兵となる。

 

 頼朝が挙兵した翌年の養和元年(1181)、高倉天皇・平清盛が相次いで没すると、後白河院は勢力を回復し、院政を再開した。その後は、平氏を打ち破り鎌倉政権を樹立する頼朝と手を握るが、頼朝とも対立し、平家を全滅させた源義経を、頼朝との軋轢に利用するが失敗。

 

 建久元年(1190)に上洛した頼朝と面会した後白河院は、頼朝を「日本国総追捕使(ついぶし)」として、国家の軍事警察権を担当させることにした。頼朝を認めるしかなかったからであった。だが、これは長い乱世に終止符を打つことになり、政局の一定の安定をもたらせたことに繋がった。

 

 上洛した頼朝と面会から2年後の建久3年(1193)3月13日、後白河院は病没した。66歳であった。一方で芸能を好み、今様を好きだった後白河院の文化性を示す一冊に、今様を集大成したて編纂した『梁塵秘抄』(りょうじんひしょう)がある。

KEYWORDS:

過去記事

江宮 隆之えみや たかゆき

1948年生まれ、山梨県出身。中央大学法学部卒業後、山梨日日新聞入社。編制局長・論説委員長などを経て歴史作家として活躍。1989年『経清記』(新人物往来社)で第13回歴史文学賞、1995年『白磁の人』(河出書房新社)で第8回中村星湖文学賞を受賞。著書には『7人の主君を渡り歩いた男藤堂高虎という生き方』(KADOKAWA)、『昭和まで生きた「最後のお殿様」浅野長勲』(パンダ・パブリッシング)など多数ある。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。