×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

石山本願寺攻め1570〜80年<その2>~天王寺陣城を打って出て敵包囲陣の突破を図る信長

戦国武将の城攻め【解体新書】#006

大坂死守を貫く本願寺と畿内制圧に自ら出向く信長

本願寺顕如

顕如肖像 東京大学史料編纂所肖像模写

 三津寺砦攻略を命じられた塙直政は本願寺側の兵力(1万余)と火力(数千丁の鉄砲)を侮り、楼岸砦から駆けつけた後詰部隊に逆包囲され、5月3日、討ち死にを遂げた。

 

 これにより光秀や藤孝らが天王寺の陣城に押し込まれ、織田勢は苦境に陥る。4日、この敗報を京都で聞いた信長は、3000の精兵を率いて若江城に入った。

 

 若江城は、天王寺の陣城の東2里余にある。

 

 この頃、天王寺の陣城を包囲する本願寺勢は1万5000に増強され、信長率いる3000の織田勢の5倍ほどの兵力となっていた。

 

 信長は住吉口から上町台地に上ると、敵の包囲陣を突破し、天王寺の陣城の味方に合流した。

ところが信長は7日、天王寺の陣城を打って出て敵包囲陣の突破を図る。これに圧倒された本願寺勢は、遂に崩れ立ち、上町台地北東端の本願寺目指して潰走する。

 

 この時の戦いで信長は、本願寺そのものは攻略できなかったものの、2700もの首を取り、大勝利を飾った。

 

 かくして信長は、本願寺方に立ち直れないほどの打撃を与え、以後、常に主導権を握り続けることになる。

 

 結局、劣勢を挽回できなかった本願寺は、天正8年(1580)7月、大坂の地を信長に明け渡し、紀州に退去することになり、11年戦争は終わりを告げる。

 

(続く)

KEYWORDS:

過去記事

伊東 潤(いとう じゅん)
伊東 潤いとう じゅん

1960年生まれ。2012年『城を嚙ませた男』13年『国を蹴った男』で直木賞候補。『黒南風の海』で「本屋が選ぶ時代小説大賞2011」を受賞。著作に『叛鬼』『義烈千秋』『武田家滅亡』『戦国鬼譚 惨』など。利休の内面と死の真実挑んだ最新刊「茶聖」(幻冬舎)が2020年2月20日発売!

最新号案内

歴史人 10月号

日本史の偉人200

日本史の偉人たちは、国難や危機をどのように乗り越えてきたのか?