×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

石山本願寺攻め1570〜80年<その1>~三好三人衆の挙兵をきっかけに兵を挙げた本願寺

戦国武将の城攻め【解体新書】#005

信長との対決の道を選び「11年戦争」に突入した本願寺

本願寺

鉄砲の紀州雑賀党と毛利家の水軍衆と結んだ本願寺 CG/成瀬京司

 大坂という地名は、東西幅2~3キロの上町台地が、北から南にかけて長さ12キロにわたって緩やかに傾斜していることに由来している。

 

 15世紀末その最高所にあたる北東端の標高38メートルの地に、石山本願寺は築かれた。

 

 以後、本願寺は諸国に教線を伸ばし、一大勢力を形成していった。

 

 その繁栄に変化が生じるのは、永禄11年(1568)の織田信長の上洛である。

 

 莫大な矢銭を課してきた信長に対し、いったんは融和の道を選んだ本願寺だったが、元亀元年(1570)、当時の宗主・顕如は敢然と対決姿勢を取る。

 

 伊勢長島や越前・加賀の一向一揆と連携しつつ、信長との間で和睦と戦いを繰り返した本願寺であったが、天正4年(1576)4月、遂に盛衰を懸けた戦いに乗り出す。

 

 毛利家や紀州雑賀党と結んだ本願寺は、淀川等の河畔に11にも及ぶ砦を築き、籠城戦を貫徹しようとする。

 

 これに対し信長は即座に動いた。

 

 5月、塙直政を本願寺の南3キロの天王寺側からの主攻とし、荒木村重、明智光秀、細川藤孝らに周囲を固めさせた信長は、北東南の三方を封鎖し、西側に攻撃を集中する策を取った。

 

 信長は、まず塙直政に三津寺砦攻略を命じたが、直政は本願寺側の兵力(1万余)と火力(数千丁の鉄砲)を侮り、楼岸砦から駆けつけた後詰部隊に逆包囲され、5月3日、討ち死にを遂げる。

 

(続く)

KEYWORDS:

過去記事

伊東 潤(いとう じゅん)
伊東 潤いとう じゅん

1960年生まれ。2012年『城を嚙ませた男』13年『国を蹴った男』で直木賞候補。『黒南風の海』で「本屋が選ぶ時代小説大賞2011」を受賞。著作に『叛鬼』『義烈千秋』『武田家滅亡』『戦国鬼譚 惨』など。利休の内面と死の真実挑んだ最新刊「茶聖」(幻冬舎)が2020年2月20日発売!

最新号案内

歴史人 8月号

江戸庶民の衣食住

天下泰平を謳歌した庶民の「暮らし」と「仕事」を図解解説!