×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

日本の城史にも例を見ない700年間におよぶ歴史をもつ名城「岩村城」【岐阜県恵那市】

城ファン必読!埋もれた「名城見聞録」 第8回


源頼朝の重臣「加藤景廉(かとうかげかど)」が創築した岐阜県恵那市に残る岩村城。鎌倉・室町の300年、戦国の100年、さらに江戸の300年にわたり存続し、日本の城史にも例を見ない700年の歴史をもつ名城の歴史をここでは紹介する。


■「難攻不落の山城」霧の湧き易い気象までも城造りに活かされ“霧ヶ城”と呼ばれる

 

岩村城

六段壁
大和(奈良県)の高取城、備中(岡山県)の松山城と並ぶ「日本三大山城」のひとつに数えられる名城。本丸虎口の大規模な石垣は「六段壁」は崩落防止のために補強を繰り返した結果、六段にもおよぶ石垣となった。

 

 岩村城は、岐阜県恵那市に所在する山城である。城の標高は700mを超えており、江戸時代に存在した城としては、最高地点に築かれていた。ただし、地表からの高さは150mほどであり、典型的な山城といえる。

 

 現在、城跡は日本100名城にも選ばれており、岩村歴史資料館で城について学ぶこともできる。また城下は、藩政時代の面影を残し、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

 

本丸
南北に長い台形の曲輪で戦国時代には城主の居館があった。

 

 岩村城は、鎌倉時代の初め、源頼朝に側近として仕えた加藤景廉(かとうかげかど)が築いたとされる。ただし、この時代の岩村城は、山麓に居館を設けた程度であったろう。少なくとも、現在の岩村城の規模ほどではなかった。

 

 加藤景廉は恩賞として美濃国遠山荘の地頭職を与えられており、子孫は岩村城を居城として遠山氏を名乗っている。なお、遠山氏の嫡流は岩村城を本拠としており、庶流に苗木遠山氏・明知遠山氏などがあった。

 

 岩村城は信濃・三河の国境にも近い東濃の要衝に位置しており、武田信玄が信濃を制圧すると、武田氏によって圧迫されることになる。こうしたなか、岩村城主の遠山景任は、尾張の織田氏と結んで武田氏に対抗していく。遠山景任が織田信長の叔母と結婚したのも、典型的な政略結婚であったとみられる。信長の叔母については、「おつやの方」と呼ばれることもあるが、実名はわかっていない。それはともかく、信長が永禄10年(1567)に美濃を制圧すると、岩村城は信長にとっても武田氏を押さえる重要な城となった。

 

武田信玄
甲斐から信濃の奥までを制圧した武田信玄。全盛期には岩村城周辺にまで勢力を伸ばした。東京都立中央図書館蔵

 

 そのころの城主遠山景任は、織田信長の支援を受けながら武田信玄と対峙していたが、元亀3年(1572)に亡くなってしまう。このとき、遠山景任には後継ぎとなる男子がいなかったため、織田信長は実子である御坊丸を遠山氏の養子として送り込んだ。この御坊丸は幼少であったため、実際の政務は信長の叔母が担っていたらしい。そのようなことから、「おつやの方」は女城主と呼ばれている。

 

織田信長
のちに天下人となる信長さえも要衝にたつ岩村城をほしがった。

 

 元亀3年(1572)、自ら駿河から遠江に侵攻した武田信玄は、秋山虎繁(信友)に岩村城の攻略を命じていた。秋山虎繁は、信濃の伊那郡を任されていた重臣である。こうして岩村城が武田軍に攻撃されると、「おつやの方」は降伏開城し、その条件に従い秋山虎繁と結婚することになったという。また、御坊丸は、人質として武田氏の本拠地である甲府に送られてしまった。信長が激怒したであろうことは想像に難くない。

 

石垣
主要な曲輪は石垣で構築されている。

 

 一方、駿河から遠江に侵攻した武田信玄は、三方ヶ原の戦いで徳川家康を破っている。その後、信玄がどのような戦略を立てていたのかはわからない。信玄自身が陣没してしまったからである。

 

 ただ、岩村城を攻略していること、岐阜城の周囲に付城を築いていたことからすると、岩村城を拠点に岐阜城を攻撃する戦略だったのではないだろうか。岩村城が位置する東濃は、織田・武田両氏とも、手に入れておきたい場所だったのである。

 

 織田信長は、岩村城を取り戻そうとしたが、武田信玄の跡を継いだ勝頼によって阻まれてしまう。結局、信長が岩村城を奪還することができたのは、天正3年(1575)の長篠の合戦後のことだった。このとき信長は、降伏してきた秋山虎繁と「おつやの方」を捕らえ、長良川で磔にしたと伝わる。

 

本丸埋門
二の丸から本丸に至る門で、桝形を構成する。右側には二重の櫓が存在した。

 

 以来、岩村城は織田信長の重要な支城となった。本能寺で信長が討ち死にすると、岩村城は信長の家臣だった森長可によって改修され、長可の死後は弟の忠政に引き継がれている。

 

 慶長4年(1599)に豊臣秀吉が亡くなると、森忠政は信濃松代に移封となり、代わって田丸直昌が岩村城主となる。しかし、翌慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで田丸直昌は改易となり、新たに岩村城主となった松平(大給)家乗によって山麓に居館が設けられ、城下町も整備された。

 

 現在の岩村城に、残念ながら建物は現存していない。石垣は、織田信長の家臣であった森長可・忠政兄弟の時代に構築されたとみられる。なお、山麓の居館は明治維新後に火災で焼失したため、平成2年(1990)に復元された。

 

藩主邸
江戸時代になって山麓に建てられた藩主の居館。平成2年(1990)の復元。

KEYWORDS:

過去記事

小和田泰経おわだ やすつね

大河ドラマ『麒麟がくる』では資料提供を担当。主な著書・監修書に『鬼を切る日本の名刀』(エイムック)、『タテ割り日本史〈5〉戦争の日本史』(講談社)、『図解日本の城・城合戦』(西東社)、『天空の城を行く』(平凡社新書)など多数ある。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。