×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

【江戸の性語辞典】タコの吸盤のように吸い付いてくる名器「蛸つび(たこつび)」

江戸時代の性語㉔


「名器」は、いつの世も男性を虜にする女性器である。江戸時代には現在でも「うまいこというなー」と思わせる呼び名で呼ばれていたという。


 

■蛸つび(たこつび)

 

 蛸つびは、上開(連載13回を参照)の代表のひとつ。

 

 陰茎に、蛸の吸盤のように吸い付いてくる名器である。

 

 たんに、「たこ」と言うことも多い。男にはこれだけで通じた。

 

 図は、無類の蛸魚開(たこつび)の女の人相だという。

 

図 無類蛸魚開之相
(『津満嘉佐根』葛飾北斎、文政前期、国際日本文化研究センター蔵)

 

【用例】

①春本『艶本常陸帯』(喜多川歌麿、寛政12年)

 

 女と交わりながら、男が感想を述べる。

 

「くわえて引くようだ。これがほんの蛸とやらか。それなれば、俺が魔羅がさしずめ芋というものだ。金玉がつくいもで、魔羅が長芋だ」

 

「つくいも」は、ツクネイモのこと。

 

 

②春本『万福和合人』(葛飾北斎、文政4年)

 

おつびは、商人の家に女中として住み込んだが妾同然になり、

 

 持ち前の蛸つびにて、魔羅を喰い締め、吸い込み吸い込みけるゆえ、味がよいとて簪(かんざし)をこしらえてもらい、淫水がたんと出るとては帯をこしらえてもらい、よかったとては着物を着せられ、

 

 女の蛸つびに感激し、男はいろんな褒美をあたえたのである。

 

 

③春本『口吸心久茎後編』(歌川国芳、文政12

 

 雪の日、福助と言う友達の女房としながら、男が言う。

 

「炬燵にいただけ、ぼぼが温まって、どうもこてえられねえ。へのこが痒くなるようだ。上々の蛸ぼぼ、どうもどうも、宿六の福助野郎、こんなことは、よもや知りやあしめえ。あああ、いいぞ、いいいぞ」

 

 ここは、「蛸ぼぼ」と称している。宿六は亭主のこと。

 

 

④春本『漢楚艶談』(天保3年)

 

 男はさほど期待していなかったが、交わってみて、女のよさに驚く。

 

「これと知ったら、とうからすればよかった。存じのほか、掘り出しぼぼだ。蛸だそうで、奥の方へ吸い込むようで、こんなぼぼは、初めてだ」

 

「ぼぼ」は女性器のことだが、「掘り出し物」を「掘り出しぼぼ」と、洒落ている。また、こんな蛸つびと知っていたら、もっと早くからしていたものをと、無念がっている。

 

 

⑤春本『旅枕五十三次』(幕末期)

 

 海女(あま)と始めた男が、感激して言う。

 

「鮑(あわび)取りの海女だから、さだめし生貝だろうと思ったら、思いのほかの蛸だから、なお奇妙だ。ああ、こりゃあ、たまらねえ。へのこへ一面に吸い付くは、吸い付くは」

 

 海女だから貝かと思ったら、蛸だったというわけである。

 

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon Apple Books 楽天Kobo

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。