×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

【江戸の性語辞典】 道徳上許されない性的関係「畜生道(ちくしょうどう)」

江戸時代の性語⑳


法に触れなくても、モラル的に反する男女関係は現在でも厳しい目線にさらされる。もっともである。江戸時代にもそのような”危うい”性行為は存在し、それらの行為や関係を「畜生道」という言葉で表現したという。ここではその言葉の使い方、用例を紹介する。


 

■畜生道(ちくしょうどう)

 

 人倫(人間の秩序)上、容認しがたい間柄の性行為。近親相姦をさすことが多い。

 

(図)息子と母親(父の後妻)の畜生道。
『男女寿賀多』(歌川国虎、文政9年/国際日本文化研究センター蔵)

 

【用例】

①戯作『傾城禁短気』(江島其磧著、宝永八年)

 

 馴染んだ遊女が、じつは自分の妹だったことを知った男の、悔恨の言葉である。

 

「もはや、生きてはいられぬは。いかに知らねばとて、現在の妹に契を結び、……(中略)……畜生同然の所業」

 

 遊女は幼いころ、親から妓楼に売られた者が多かった。そのため、客を取るようになった時には、親兄弟のことはほとんど覚えていない。

 

 兄の方でも、幼いころに別れ、今は遊女になっている女を見ても、妹とわかるはずがない。

 

 遊女と客の男が、知らずに畜生道の関係になることは、充分にあり得た。

 

 

②春本『祝言色女男思』(歌川国虎、文政八年)

 

 亭主が、女房の妹と通じていた。感づいた女房が現場に乗り込んできて、怒りを爆発させる。

 

「やかましい、黙んなせえ。ほんに、私の妹なら、おめえのためにも妹だ。きょうだいでそんなことをして、畜生のようだぞ」

 

 男にとっては義妹、女にとっては義兄である。

 

 

③戯作『いろは文庫』(為永春水著、天保七年)

 

 杉谷家の養子となった半之丞が、養母のお艶に誘惑される場面である。

 

 艶「ええ、うれしい、そのようなら、おまえも、このわたしを」

  トすがりつかんとするところを、半之丞は飛びしさり、

 半「さあ、何の因果か、私もあなたも、その気が合うというは、畜生道へ堕落した宿業にてもあろうかと」

 艶「いいえ、おまえがその気なら、畜生道へ生きながら落ちていこうと、苦しみがこの身ひとつにかかろうとも、ちっともいとわぬわたしが心。どうぞ、かなえておくれなねえ」

 

 半之丞は養子だから、お艶は母と言っても、血のつながりはない。

 

 現代では、半之丞とお艶が性的関係になっても、近親相姦ではない。もちろん、刑法で罰せられることもない。

 

 しかし、江戸時代においては醜悪な畜生道であり、許しがたい密通だった。

 

 江戸幕府の法典である『御定書百箇条』の「密通御仕置之事』によれば、

 

「男が養母と密通すれば、両者とも獄門」という厳刑に処された。

 

 ところが、あまりにきびいしいため、人々はかえって奉行所に訴えるのをためらった。世間の評判になるのも困る。

 

 けっきょく、別な理由をつけて妻も養子も離縁し、醜聞そのものは表沙汰にしないのが一般的だった。かくして、畜生道はほとんど隠蔽された。

 

 

④歌舞伎『三人吉三廓初買』(河竹黙阿弥作、安政七年初演)

 

 若い恋人同士について、男が述懐する。

 

「可哀や、奥のふたりは知らずにいるが、双子の兄妹(きょうだい)。……(中略)……めぐりめぐって兄妹同士、枕を交わして畜生の交わりなすも己が因果」

 

 当時、双子は忌むべきものだったため、どちらかを里子に出したり、捨て子にしたりした。

 

 そのため、成人して出会った男女が、おたがい兄妹と知らないことは充分にあり得た。

 

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon Apple Books 楽天Kobo

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2022年12月号

承久の乱のすべてがわかる! 歴史人編集部

いよいよ終盤に突入するNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。  12月号では「承久の乱」を徹底解説。なぜ後鳥羽上皇は、鎌倉幕府を討つことを決めたのか? また、北条義時はどう動いたのか? そして、この戦いの意義とはなんだったのか? その真実に迫る。また日本の2分したこの戦いの後、100年以上続く鎌倉幕府と北条家はその後どうなったのか? 13人の御家人たちの血脈はどうなったのか?「その後」を追う。  そのほか、北条氏と盟友だった三浦氏が戦った「宝治合戦」、北条家の内紛「二月騒動」、鎌倉最大の危機「蒙古襲来」、そして鎌倉幕府と北条家の終焉までを徹底解説する!