×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

【江戸の性語辞典】未経験の女性に対して使う「あらばち(新開)」

江戸時代の性語⑰


現代では性経験のない女性を「処女」と呼ぶが、江戸時代は違った言い回しで表現された。それが「あらばち」という言葉である。漢字にすると「新鉢」「新開」となり、意味深でいやらしくも見える。ここではその「あらばち」という言葉の意味を用例を紹介しながら「江戸の性語」として解説する。


 

■あらばち

 

 処女のこと。あるいは、未経験の女性器をさすこともある。

 

「新鉢」、「新開」と書いて、「あらばち」と読み仮名をつけることも多い。

 

[図]あらばちの娘を口説く男(『花以嘉多』(歌川国芳、天保八年)、国際日本文化研究センター蔵)

 

【用例】

①春本『ねがひの糸ぐち』(喜多川歌麿、寛政十一年)

 

 ある大身の武家では、奥女中が姫に初体験をさせることにした。白羽の矢が当たったのが好之進。事前に、奥女中が好之進の陰茎を検分する。

 

「好之進さま、姫君はきっすい飛び切りの御新開(おんあらばち)ゆえ、おまえさまのお道具、とくと拝見の上ならでは、お怪我があっては、わたくしの不忠。いざ、お道具を試み」

 

 事前の点検と称して、奥女中は好之進と交わる。

 

 

 

春本『祝言色女男思』(歌川国虎、文政八年)

 

 鉄という男が処女の女に強引に迫る。

 

女「あれ、鉄さん、よしねえな、悪ふざけをしなさんな。いまいましい。いやだというに、よしねえな」

鉄「馬鹿ぁ言え。どうで、誰にか一度は、あらばちを割られるもんだぁ」

 

「あらばちを割る」は、破瓜のこと。女にとっての初体験。

 

 

 

③春本『艶紫娯拾余帖』(歌川国貞、天保六年)

 

 天下晴れての新枕(にいまくら)というのが、婚礼の夜の床入(とこい)りなり。これを初床(はつどこ)、または水揚(みずあげ)、俗にはあらばちと言い、手入らずのあらとも言う。昔は知らず、今どきの女の子に十五、六まで男の肌知らぬ娘もなけれど、表向きはどこまでも初めてのつもりなり。

 

 江戸の庶民の娘は性的に奔放だった。結婚前に性的体験があるのは、けっして珍しくなかった。

 

 

 

④春本『春色入船日記』(歌川国盛、幕末期)

 

 秋之助と、お沢の情交の場面。

 

秋「それでも、おめえは忠太さんの方がよかろう。新鉢(あらばち)を割られた上は、一生離れられねえということだから。ああ、ああ、それ、おいらもまた、いきかかった」

沢「どうしてまあ、こんなによいだろう。誠に誠に、さっきからいきつづけで、ああ、もう、体中がしびれるようになったよ」

 

 お沢の初体験の相手は、忠太という男だったようだ。それにしても、秋之助はやや、めめしい。

 

 

⑤春本『露廼飛怒間』(幕末期)

 

 男が、あらばちの女とする場面。

 

「あれ、まあ、じっとしておいでよ。今によくなるから。おまえ、一度味を覚えたら、じきにあとねだりをするだろう。あれ、手をお出しでないよ」

 と、雁首へ唾をたっぷりつけ、そろそろと小腰に使えば、まだ新鉢ゆえ、きしんで入らず、

 

 言葉遣いから、男は商家の若旦那のようだ。経験は豊富なようである。

 

 このあと、男は指で愛撫を続け、うるおいが出てから、挿入する。

 

 雁首は、亀頭のこと。

 

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon Apple Books 楽天Kobo

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内