×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

【江戸の性語辞典】艶事をし終えたあと「がっかりする」…?

江戸時代の性語⑯


性交のあと「がっがりした」なんていわれようものならば、現在ではかなりショックな言葉である。しかし、江戸時代「がっかりした」という言葉は違った意味で使われたというから興味深い。ここではその「がっかりした」という言葉の意味を用例を紹介しながら「江戸の性語」として解説する。


 

■がっかりする

 

 落胆や失望の意味ではない。

 

 性行為のあとの、満ち足りた疲労と虚脱感をいう。とくに、男の射精後や、女のオルガスムスの余韻の状態である。

 

図 房事にがっかりした若夫婦(『吾妻文庫』[歌川国芳、天保九年頃]国際日本文化研究センター蔵)

 

【用例】

①春本『口吸心久茎後編』(歌川国芳、文政十二年)

 

 芸者のおかほと助次の情交。

 

 おかほは肩から身をふるわし、始めのうちは義理一遍、今は親身に取り乱し、よがり泣き。助次はここぞと気を励まし、淫水どくどくやりかければ、両足そらし、尻持ち上げ、

「あれさ、一緒に、一緒に」

 と、ともに抱きしめ、がっかりすれば、

 

 おかほは、最初の内は感じるふりをしていたのだが、そのうち、本気になった。そして、助次とおかほは共に絶頂に達したことになろう。

 

 

②春本『天野浮橋』(柳川重信、天保元年)

 

 男が挿入すると、女は、

 

 女はもう口をきかれんほどよくなり、ふうふう、すうすうと、鼻にて大よがり、しばらくこすり、ぐいと入ればじきに気をやる。ふたりともやってしまい、がっかりとして、ほっと息をつき、

女「抜くのはいやよ、こうして、いつまでもいたいものだ」

 

「気をやる」はオルガスムスを味わうこと。その後も、女は余韻を味わいたいようだ。

 

 

③春本『春色初音之六女』(歌川国貞、天保十三年)

 

 お互いに性行為に堪能した男女。

 

 ふたりは気をやりじまい、疲れてがっかりしたという様子にて、そのまま横に寝転び、

 

 ふたりはともにオルガスムスを味わい、心地よい疲労で横になっていた。

 

 

④春本『仮枕浮名の仇波』(歌川国政、安政元年)

 

 性行為を終えたあと、女は自分の湯文字で、

 

 どうせ汚れついでと、己の玉門と陰茎(へのこ)をぬぐい、脇の下から股座(またぐら)から、着物も畳もすっかりふけば、

男「あぁ、がっかりした」

 と、煙管を引き寄せ、一服するうち、縮んだ陰茎(まら)を恨めしそうにちっと見やり、細い指で握りながら、

女「おや、こんなに小さくなったよ、ほんに、若いくせに、弱いねえ」

 と、つまんだり、さすったり、色々と気をもみ、介抱すれば、

 

 陰茎はふたたび固くなり、ふたりはまた始める。

 

 湯文字は、女の下着である。腰巻ともいう(第2回参照)。

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon Apple Books 楽天Kobo

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2022年6月号

沖縄戦とソ連侵攻の真実

沖縄復帰50年記念企画「沖縄戦とソ連侵攻の真実」。激戦の沖縄で何が起こったのか? そして突然のソ連侵攻の真相に迫る! 太平洋戦争最大の民間犠牲15万人・沖縄戦の真実、硫黄島の戦い、戦艦大和沈没の真実、電撃のソ連の対日宣戦布告、ソ連の満州・樺太侵攻などの詳細を語り継ぐべく、徹底解説していく。