×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

【江戸の性語辞典】話し言葉として用いられた性語「へのこ」の意味とは?

江戸時代の性語⑭


本記事は現代では使われていない「江戸の性語」を紹介するもの。江戸時代の性に関する言葉は、現代まで使われているもの、意味が変化したもの、まったく使われなくなったものなど様々なものが存在し、掘り下げていくとかなり興味深い。


 

■へのこ

 

 陰茎のこと。江戸では、話し言葉として普通に用いられた。

 

 春本や春画の書入れでは、男根、一物、魔羅、玉茎、陽具、陽物などと書いて、「へのこ」と読み仮名を付けることが多い。

 

図 忍び会う男女。(『花以嘉多』歌川国芳・天保八年/国際日本文化研究センター蔵)

 

【用例】

①春本『艶本君が手枕』(喜多川歌麿)

 

 深川の芸者と情交しながら、男が述懐する。

 

「辰巳(たつみ)におめえほどの女はふたりとねえが、また江戸中に俺ほどの男もねえよ。また、俺ほどのへのこもねえが、おめえほどの開(ぼぼ)もねえ」

 

 辰巳は深川のこと。開は女の陰部のこと。

 

 それにしても、男のうぬぼれは相当なものだ。

 

 

②春本『艶本葉男婦舞喜』(喜多川歌麿、享和二年)

 

 一度終えたあと、女が男に言う。

 

「今度は、わたしがほうから、おまえをよがらしてあげましょう」

 と、細き手に男根(まら)をしこしこ握り固め、股座(またぐら)へたくしこんで持ち上げ、持ち上げ、男根(へのこ)の出入りのたびごとに、ムムムといけめば、開中(かいちゅう)締まりて棹(さお)をしごき、

 

 男根に「まら」と「へのこ」と、二通りの読み仮名が付いている。

 

「開中」は、開(女性器)の中、つまり膣の意味。

 

「棹」は、へのこのことである。

 

 

③春本『泉湯新話』(歌川国貞、文政十年)

 

 女房はその気になり、亭主のへのこに手をのばす。

 

「さあ、なんだな。じれってえ」

 と、股座へ手を入れて、亭主のへのこを握ってみて、

「なんだな、不景気な、また飲んできたの」

「馬鹿ぁ言え。湯つび酒まらというから、まんざら悪くはあるめえ」

 

 酒に酔った亭主のへのこは、まだやわらかなままだった。

 

「不景気」は当時の流行語で、「つまらない、面白くない」の意味。

 

 女房の不満に対し、亭主は「湯つび酒まら」(第10回参照)を持ち出し、強がりを言っている。

 

 

④春本『春情指人形』(渓斎英泉、天保九年頃)

 

 初老の夫婦。亭主が女房をさそう。

 

 亭「さあ、寝るぞ。なんだか今夜はおかしな晩で、玉茎(へのこ)が立って、手に余る。こなた、どうぞしてくれねえか。困りきるは」

 女「おや、けしからねえ。どれ、お見せなさいな。ほんに木でこせえたようだね。おめえのように達者な人は、世間にはあんまりあるまいねえ。それを治すには、まあ、お待ちなさい」

 

 女房は亭主の願いに応じるようである。

 

 

⑤春本『春情浅草名所』(歌川国盛、幕末期)

 

 女「ああ、いやだよ、あやまったよ、あれ、あやまったと言うに。ええ、もう、どうしようねえ。ええ、無理なことを、あれ、およしと言ったら。よう、およしよ、およしよ」

 男「静かにしねえな。もう、雁首だけ入ったからにゃあ、どうでもこうでも、一番、気をやらねえうちは、俺は承知しても、へのこが承知しねえ。これさ、そんなに騒ぐと、動くたんびに、へのこがちぎれるようで、じきに気がいってしまいそうだ」

 

「雁首」は亀頭のこと。

 

「気がいく」は、男の場合、射精を意味する。

 

 

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon Apple Books 楽天Kobo

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。