×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

【江戸の性語辞典】女性の陰部を評した「上開(じょうかい)」とは?

江戸時代の性語⑬


江戸時代の性に関する言葉は、現代まで使われているもの、意味が変化したもの、まったく使われなくなったものなど様々なものが存在した。今回は現代では使われていない「江戸の性語」をチョイスして、紹介していく。


 

■上開(じょうかい)

 

 上開は、開(ぼぼ)の上物のこと。つまり、女性器の名器である。

 

 妙開や名開ということもあった。

 

 上開の代表格が、「蛸(たこ)つび」と「巾着開(きんちゃくぼぼ)」である。

 

女性器

図 上開の女の人相。(『絵本笑上戸』[喜多川歌麿、享和三年]国際日本文化研究センター蔵)

 

【用例】

①春本『多満佳津良』(葛飾北斎、文政四年頃)

 

 丁稚は、主人の女房と密通していた。飯炊きの下女がこの密通に気づき、丁稚を誘惑する。丁稚は口止めのため、やむなく下女と情交する。

 

 ぬうぅと入れると、どぶへでも落ちたように、「はあああ」と内へ引く息につれて、陰茎(へのこ)の頭を食い切るようで、ひらつくものが雁首へからみつき、そのよさ、顔こそ飯炊きなれ、開(ぼぼ)においては、かみさまもかなわぬ上開。

 

 下女はご面相こそよくなかったが、陰部は上開だったようだ。

 

 

②春本『祝言色女男思』(歌川国虎、文政八年)

 

 男が女の陰部をいじりながら、評する。

 

「ても、いいぼぼだ。大極上上吉の上なしという上開だ。二十四文のぼぼとは、きつい違いだぞ」

 

 街娼である夜鷹の揚代は二十四文だった。「二十四文のぼぼ」は、夜鷹の陰部である。

 

 女からすれば、夜鷹と比較されてはたまったものではなかろう。

 

 

③春本『仮枕浮名の仇波』(歌川国政、安政元年)

 

 男はお富という女のあまりのよさに、あえなく……

 

 ずい、ずい、やるうちに、男は陰茎(へのこ)を蘭引(らんびき)で絞られ、薬研(やげん)でおろされるような、お富が上開。古今稀代の名物に、もはや暫時もこらえられず、

「ああ、ふう、あれよ、おいらもいきそうだよ」

 

 蘭引は当時の蒸留器、薬研は薬草を細かにする道具。陰茎に強い刺激があったのを形容している。

 

 

④春本『花相撲四十八手』(幕末期)

 

 武家屋敷。主人が腰元と交わりながら、述懐する。

 

男「腰元どもも、ひとりやふたりはしてみたが、そなたのような上開についぞ出会ったことがない。それそれ、へのこのそばが、むずりむずりときたぞ。ああ、ふう、いい、いい」

女「ええ、もうもう、わたくしはいっそ、よくって、よくって、またいきますよ」

 

 

⑤春本『春閨御伽文庫』(歌川国盛、幕末期)

 

 夫と妻の寝床での会話。

 

夫「毎晩、珍しくもねえ穴だけれど、どうもよくってこたいられねえ。実に上開というのはこれだろう」

妻「本当にそうかえ。うれしいねえ」

 

 夫婦は毎晩のようにセックスをしているようだ。夫婦円満とは、このことであろう。

 

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon Apple Books 楽天Kobo

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。