×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

【江戸の性語辞典】色恋の相手や惚れた相手、色事を意味した「おっこち」

江戸時代の性語⑧


江戸で話されていた色事、性事に関する言葉を紹介。今とは異なる言葉での表現は知れば知るほど、興味が深まる言葉ばかり。江戸時代と現代の違いを楽しめる発見がある。


 

■「おっこち」

 

 色事のこと。惚れるという意味にも用いる。

 

 色恋の相手や、惚れた相手の意味もあり、その場合は男女の別なく用いる。

茶屋娘と男がやりとりしている様子。(為永春水 著『春色梅美婦禰』国立国会図書館蔵)

 

【用例】

①戯作『清談若緑』(曲山人著)

 

 旅の若い男女が歩いていると、駕籠かきの人足が駕籠を勧めた。男が断ると、人足はなおも言う。

 

「そう言わずに、乗っておくんなせえな。おかみさんだか、堕落(おっこち)だか、そこのところは知らねえが、この美しい姉さんが、足の痛ぇという様子」

 

 堕落を「おっこち」と読ませている。愛人や、不倫の相手などの意味だろうか。

 

 人足は、女房なのか愛人なのかわからないが、と言っていることになろう。

 

 

②戯作『梅之春』(為永春水著、天保十年)

 

 男と女の、夜道を歩きながらの会話。

 

 男「あれさ、あんまり片脇を通ると、ドブへ落っこちるよ」

 女「おほほほ、ドブへ落っこちてはいけませんねえ」

 男「おいらがいい男だと、堕落(おっこ)ちてもらうけれど、そううまくはいかねえ」

 女「おやおや、お玉さんが堕落(おっこち)で、今じゃあ、おまはんと夫婦になっておいでだと、上阿町の内で聞きましたわ」

 

 ともに、堕落を「おっこち」と読ませている。

 

 男の言う「おっこちてもらう」は、色事をするという意味であろう。要するに、女をさそっていた。

 

 女の言う「おっこち」は、恋人。恋人同士から、夫婦になったわけである。

 

 ともあれ、おっこちの語源がわかるようだ。水に落っこちるように、相手に夢中になる状態であろう。

 

 

③戯作『春秋二季種』(三亭春馬著)

 

 商家の若旦那が、女芸人を見初めた。取り巻きの男が仲立ちを買って出て、女にささやく。

 

「ほかじゃねえが、あの旦那がおめえに大恍惚(おおおっこち)だが、なんと、うれしかろう」

 

 恍惚を「おっこち」と読ませている。しかも、「おおおっこち」とあるので、夢中になっている様子がわかる。のぼせていると言おうか。

 

「おっこち」を、惚れたという意味に用いていた。

 

 

④戯作『春色恋白波』(為永春水著、天保十二年)

 

 男と女の、相手をさぐり合いながらの会話。

 

 男「わたしらのような者にまで、うまく世辞をじょうずにして、男の心を迷わせるというは、ほんに罪作りなこった」

 女「おほほほほ、そのほどにかけて、世間の娘御や芸者衆を恋慕(おっこち)させるのだから、怖いねえ」

 

 恋慕を「おっこち」と読ませているが、この熟語で意味はわかる。

 

 女は男を、女たらしと見ていることになろう。

 

 なお、女の言う「ほど」は、口先のことであろう。口先がうまいの意味で、「程がよい」という言い方がある。

 

 

⑤戯作『春色梅美婦禰』(為永春水著、天保十二年)

 

 十七歳くらいの茶屋娘が、久しぶりに顔を出した客に言う。

 

「もうもう、影もお見せなさらないで、お憎らしい。どこへ恋女(おっこち)ができたんでありますえ」

 

 恋女という表記で、「おっこち」の意味はわかる。

 

 それにしても、十七歳とはいえ茶屋女だけに、如才がない。

 

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon Apple Books 楽天Kobo

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2022年12月号

承久の乱のすべてがわかる! 歴史人編集部

いよいよ終盤に突入するNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。  12月号では「承久の乱」を徹底解説。なぜ後鳥羽上皇は、鎌倉幕府を討つことを決めたのか? また、北条義時はどう動いたのか? そして、この戦いの意義とはなんだったのか? その真実に迫る。また日本の2分したこの戦いの後、100年以上続く鎌倉幕府と北条家はその後どうなったのか? 13人の御家人たちの血脈はどうなったのか?「その後」を追う。  そのほか、北条氏と盟友だった三浦氏が戦った「宝治合戦」、北条家の内紛「二月騒動」、鎌倉最大の危機「蒙古襲来」、そして鎌倉幕府と北条家の終焉までを徹底解説する!