×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

【江戸の性語辞典】変態的な性行為を指した「曲取り(きょくどり)」

江戸時代の性語⑲


現在、変態的な性行為を同意のもと行うこともあるだろうが、もちろん江戸時代にもこうした行為をする人たちはいた。人間の性の探求や本能は変わらないのである。今回はこうした稀な体位を指した江戸の言葉を紹介。どんな使われ方をしていたのだろうか?


 

■曲取り(きょくどり)

 

 正常位(男性上位)以外の性交体位のこと。変態的な性行為をさすこともある。

 

 ちなみに、正常位は、本取りという。

 

艶本葉男婦舞喜

図)夏の曲取り
『艶本葉男婦舞喜』(喜多川歌麿、享和二年)、国際日本文化研究センター蔵

 

【用例】

①春本『絵本小町引』(喜多川歌麿、享和二年)

 

 夏、男と女が後背位で性交をしている。

 

女「夏のぼぼは、今日のように、いつでも曲取りのことだ」

男「尻から風が入って、涼しくていい。しかし、これでは気のいく時、てめえが抱き付くことがならねえで、悪い」

 

 女の言う「ぼぼ」は、性交のこと。

 

 図は、夏のセックスだが、まさに曲取りといってよかろう。

 

 

②春本『万福和合神』(葛飾北斎、文政四年)

 

 幾兵衛は、おつびという女を妾にした。

 

 おつびが尻のむっちりは、味がよいと見込んでの首尾、住んだ晩からいろいろの曲取り……(中略)……横取り、また後取り、はずんで突けば、ついまちがって尻(けつ)もされ、

 

 横取りは横臥位、後取りは後背位。尻もされは、肛門性交のこと。まさに、曲取りであろう。

 

 

③春本『艶紫娯拾余帖』(歌川国貞、天保六年頃)

 

 冷暖房がない当時、季節によって寝間の環境も変わった。

 

 夏の夕べの涼しき時は、蚊帳(かや)の内の曲取りこそおもしろけれ。

 

 夏であれば、おたがいに真っ裸になれる。

 蚊帳の中で、いろんな体位や、変態的な行為をしてみるのが夏の楽しみである。

 

 

④春本『偽紫女源氏』(歌川国貞、弘化四年頃)

 

 お艶は自分から、男の上にまたがって始める。

 

 お艶、交接(とぼし)に誇って、種々の奇交(きょくどり)を楽しむ。

 

 性に目覚めたお艶は、正常位だけでは物足らなくなった。

 

 奇交に「きょくどり」という読み仮名を付けているのが愉快である。正常位以外は一種の変態という感覚だったのがわかろう。

 

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon Apple Books 楽天Kobo

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人8月号増刊

新選組大全

新選組設立の背景、組織の変遷、新選組の内紛、土方歳三・沖田総司・永倉新八など、主要隊士の列伝、新選組戦闘史などの入門的コンテンツから、「局中法度」の謎、新選組の剣術解説。隊士所有刀剣図鑑などを豊富な図版、データで多角的に検証!