×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

【江戸の性語辞典】男性の陰部を固くすることを「 生える(おえる)」といった

江戸時代の性語㉒


江戸で使われていた性語は、今とは異なる用語が満載。ここではそれら言葉がどのように使われていたのか、用例を紹介する。


 

■生える(おえる)

 

「生(お)」えるは、陰茎が固く勃起すること。「生(お)やす」ともいう。

 

【図】言い寄る男。(『吾妻文庫』(歌川国芳、天保九年頃)、国際日本文化研究センター蔵)

 

【用例】

①春本『華の一興笑』(鳥文斎栄之、天明八年頃)

 

 親が出かけた娘の元に、恋人の男が忍んできた。男はさっそく娘をさそう。

 

「鬼の留守に思入れ洗濯しよう。このころ四、五日、間が悪くって会わねえから、折れるように生(お)えきって、痛くってならねえ」

 

「鬼の居ぬ間に洗濯」をしようと言っているが、もちろん洗濯はセックスである。

 

 男と女は会えば必ずセックスをしていたが、四、五日会えなかったので、男の陰茎は固く勃起し、痛いくらいだという。

 

 

②春本『会本男妓沙乃浮寝』(勝川春潮。寛政元年頃)

 

 吉原の光景。男は寝床で遊女が来るのを待っているが、なかなか現れない。男が言う。

 

「なんだか、魔羅がひりひりするほど生(お)えて、ならねえ」

 

 吉原など、江戸の遊里では、客がしばらく放っておかれるのは、よくあることだった。

 

 

③春本『艶本葉男婦舞喜』(喜多川歌麿、享和二年)

 

 屋根屋の職人が、雪隠(せっちん)の屋根から、男女の濃厚なセックスを見ていた。

 

 屋根屋、先刻よりこのていを見て、玉茎(へのこ)は張り裂けるばかりに生(お)え立ち、こたえかねて、屋根の上より、こなたの庭にどっさり落ちて目を回せば、

 

 

④春本『天野浮橋』(柳川重信、天保元年)

 

 お美喜という芸者が、助六という男の陰茎を評す。

 

「わたしはこれまで、多くの男に振舞ったが、紙屋の助六さんのような大きな物はない。第一、雁首がひらいて、瘤(こぶ)のようなものがあって、そして上反(うわぞ)りで、その太さ。生(お)やしなすったところは、いやも、恐ろしいようで、これがまあ、よもや入りはしめえと、初めて見たときは、わたしやぁ、怖くって、怪我でもしめえかと心遣いしたが」

 

 ところが、お幹は助六との性交で、初めてオルガスムスを味わったという。

 

 

⑤春本『春色初音之六女』(歌川国貞、天保十三年)

 

 判次郎が、お色という女に自分の陰茎を握らせる場面。

 

「それ、おめえも、いじってみな」

 と言いながら、おのれの一物(いちもつ)をお色の手に握らせれば、恥ずかしそうに雁首の下をしっかり握り、小さな声にて、

「おやもう、生(お)やしておいでなはるねえ、ほほほほ」

 

 雁首は亀頭のこと。

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon Apple Books 楽天Kobo

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2022年12月号

承久の乱のすべてがわかる! 歴史人編集部

いよいよ終盤に突入するNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。  12月号では「承久の乱」を徹底解説。なぜ後鳥羽上皇は、鎌倉幕府を討つことを決めたのか? また、北条義時はどう動いたのか? そして、この戦いの意義とはなんだったのか? その真実に迫る。また日本の2分したこの戦いの後、100年以上続く鎌倉幕府と北条家はその後どうなったのか? 13人の御家人たちの血脈はどうなったのか?「その後」を追う。  そのほか、北条氏と盟友だった三浦氏が戦った「宝治合戦」、北条家の内紛「二月騒動」、鎌倉最大の危機「蒙古襲来」、そして鎌倉幕府と北条家の終焉までを徹底解説する!