×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

徳川家康を勝たせて国持大名になりたかった「山内一豊」(東軍)

「関ヶ原の戦い」参戦武将たちの本音! 第8回 


天下分け目の大戦・関ヶ原合戦には、取り上げられることが稀なマイナーな武将たちも参戦していた。それらの中から東西両軍武将たちをフォーカスし、なぜ東軍(西軍)に加わったのか、合戦での役割はどんなものであったのか、さらには戦後の動向など、その武将たちの動きと心の裡(うら)を読み解く。


 

山内一豊 やまのうち・かずとよ
所領/遠州掛川7万石、動員兵力/2,000人(推定)
布陣場所/南宮山麓、合戦での動向/静観
戦後の処遇/土佐浦戸9.8万石に加増(のち20万石に増)

 人間はこうも冷静になれるものなのか。もう戦さが始まろうというのに。しかも、この戦さは長い戦国時代の終わりの戦さになろう。たとえ、我が東軍が勝っても、万が一、西軍が勝つようなことがあったとしても、この戦さは、この国から殺し合いがなくなる最後の戦さであろうな。

 

 儂は織田信長公に仕える前から、そして仕えた後も、常にこの手に鑓を握って戦場に出た。本能寺の変後は、かつては同僚であった太閤(秀吉)に従い、戦った。賤ヶ岳(しずがたけ)しかり、小牧(こまき)・長久手(ながくて)しかり。それらの功が、最初の領地、若狭・高浜の2万石だった。やがて遠江・掛川6万9千石とはなったが、いまだに国持の大名ではない。大名を目指すからには、国の半分とか一部とかではなく、その国すべてを統べる国持大名にならねばならぬ。それが苦労を掛けた糟糠(そうこう)の妻・千代(ちよ)への何よりの贈り物になろう。

 

 だからこそ、治部(三成)が旗揚げした西軍の情報に対するための小山評定(おやまひょうじょう)で、浜松城主の堀尾忠氏(ほりおただうじ)と相談して「東海道筋の城に徳川家臣団を配置するように」と進言して、いち早く儂は掛川城を明け渡した。自分の大事な巨城を明け渡すなど、生半可の判断では出来ぬ。儂だからこそだ、と自負している。その代わり、東軍勝利のあかつきには、儂は必ず国持大名に昇進できると踏んでいるのだ。

 

 その後も、池田輝政(いけだてるまさ)らとともに米野(岐阜県)では織田信秀(おだのぶひで)の軍勢を蹴散らし、大垣に布陣して西軍の大垣城にも備えた。順調な武功立てであった。だからこそ、尚更にこの関ヶ原でもそれ以上の武功を立てねば、と決意は固かった。なのに……。

 

 命じられたのは、中仙道に位置しての南宮山や大垣城の抑えという役割だった。1万石で250人の兵員、というのが全ての武将に課せられた動員数。儂の7万石では1750人で「御(おん)の字」であるところを、儂は無理して2058人を調達したというのに。確かに、内府公(家康)の背後を守る場所ではあるし、南宮山には毛利秀元(もうりひでもと)の毛利本隊1万6千・吉川広家田井3千に加えて、長宗我部盛親(ちょうそかべもりちか)・安国寺恵瓊(あんこくじえい)・長束正家(なつかまさいえ)の1万近くが陣を構えている。これが雪崩のように降りてきたら、内府公が本陣とした桃配山は危ない。何故、このような危険な場所に内府公は本陣を構えたのだろうか。

 

 先ほど、隣接して陣を構える浅野幸長(あさのよしなが)が、小用を足したついでに、と儂を訪れた際に「実は、吉川が黒田長政(くろだながまさ)を通して内府公に内通しているとのことだ。つまり、南宮山の西軍は動かぬ。日和見を決め込むということだ。だから」と言い置いた。我らは、戦さの支度をして南宮山を見張ればよいということらしい。これには拍子抜けした。結果として、関ヶ原の決戦では華々しい武功など立てようもない、ということだ。がっかりしたが、さて。

 

 既に戦いが始まって半日は経っている。あつ!松尾山の小早川軍が降りて西軍の大谷吉継(おおたによしつぐ)に襲い掛かった。しかも、麓に陣取った脇坂安治(わきさかやすはる)らも東軍に寝返ったらしい。ううん、これで決着は着いたな。仕方ない。「者ども南宮山の動きに一層警戒せよ」。儂はそう大声で家臣団を叱咤するしかなかった。

 

         ◇

 

 合戦後、山内一豊は遠江・掛川6万9千石から、土佐1国20万2600石を与えられ、念願の国持大名に昇進した。

 

 

KEYWORDS:

過去記事

江宮 隆之えみや たかゆき

1948年生まれ、山梨県出身。中央大学法学部卒業後、山梨日日新聞入社。編制局長・論説委員長などを経て歴史作家として活躍。1989年『経清記』(新人物往来社)で第13回歴史文学賞、1995年『白磁の人』(河出書房新社)で第8回中村星湖文学賞を受賞。著書には『7人の主君を渡り歩いた男藤堂高虎という生き方』(KADOKAWA)、『昭和まで生きた「最後のお殿様」浅野長勲』(パンダ・パブリッシング)など多数ある。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。