×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

武士、官僚、そして公家との交渉役としても才能を発揮した「足立氏」

北条氏を巡る「氏族」たち㉓


7月3日(日)放送の『鎌倉殿の13人』第26回「悲しむ前に」では、源頼朝(大泉洋)の次の体制作りに奔走する北条義時(小栗旬)の姿が描かれた。そんななか、幕府内の実権を比企能員(ひきよしかず/佐藤二朗)に奪われるのを恐れる義時の父・北条時政(坂東彌十郎)も、権力闘争に足を踏み入れることになった。


鎌倉幕府と北条氏に分裂の危機が訪れる

埼玉県桶川市にある三ツ木城跡池は天然の堀と見られ、奥には土塁のようなものが残る。足立遠元の館があったと推定されている場所のひとつで、桶川市内には他にも諏訪雷電神社付近、総合福祉センター付近が遠元の館跡とされている。いずれも推測の域を出ていない。

 

 北条義時ら北条氏の面々は、病床にある源頼朝を心配そうに見つめる。医者の見立てでは、もって数日。できるだけ速やかに次の政治体制を整えようと、義時は動き出す。

 

 頼朝の状況はごくわずかの者にしか知らせていないはずだったが、噂はあっという間に鎌倉中を駆け巡った。

 

 比企能員は一刻も早く頼朝の嫡男・頼家(よりいえ/金子大地)に鎌倉殿の後継就任を決定させたいと考えていた。そうすれば、頼家の乳母父である自分が政権内で権勢を振るえるからだ。

 

 一方、北条氏の安泰を願う義時の父・北条時政は、頼朝の弟であり、自身の娘・実衣(みい/宮澤エマ)を嫁がせている阿野全成(あのぜんじょう/新納慎也)を2代鎌倉殿とさせることで、北条氏が幕府の主導権を握ることを画策する。

 

 水面下でそれぞれの野心が交錯するのをよそに、頼朝の妻である北条政子(小池栄子)は昼夜を問わず、献身的に看病を続けた。頼朝の身を案じている者は一部の身内しかいない。政子の懸命の看病もむなしく、頼朝は意識を取り戻すことなく息を引き取った。

 

 頼朝の死が明らかになった瞬間から、鎌倉殿の後継をめぐる北条時政と比企能員との対立が勃発。見かねた義時は、政子に判断を委ねることを提案した。政子が2代目の鎌倉殿に選んだのは、頼家だった。

 

 意に沿わぬ決定に、時政やその妻・りく(宮沢りえ)、次の御台所となる期待に胸を膨らませていた実衣は政子への反発を強める。一枚岩だった北条氏の結束に亀裂が入った。

 

 さらに、頼朝の葬儀を終えた義時は、鎌倉を去ることを政子に告白。頼朝亡き鎌倉に、何の未練もない様子だ。

 

 そんな義時を、政子は引き止めた。頼朝にしてきたように、これからは頼家と私を支えてほしい、と懇願する。

 

 そして、政子は、頼朝が肌見離さず持参していた小さな観音像を義時に託した。それはかつて、頼朝が「源氏の棟梁として甘く見られてはならない」から捨てた、と公言していた観音像だった。

 

鎌倉幕府の権力闘争からひっそりと生き延びた「足立氏」

 

 足立遠元(あだちとおもと)は、生没年不詳の武士。諸説あり、分からないことも多い。

 

 足立氏の経歴をまとめた『足立系図』によれば、遠元の父は、藤原北家の家系である藤原遠兼(ふじわらのとおかね)という人物。京から武蔵国(現在の東京都と埼玉県のほぼ全域、神奈川県の北東部)に派遣された官僚で、関東の有力豪族である秩父氏の一族・豊島康家(としまやすいえ)の娘と結婚した。

 

 2人の間に生まれた遠元は、母方の実家である豊島氏から足立郡を継承したことをきっかけに、姓を「足立」に改めたらしい。つまり、遠元は足立氏の初代である。

 

 遠元が本領とした足立郡は、現在の埼玉県鴻巣市・北本市・桶川市・伊奈町・上尾市・さいたま市・戸田市・蕨市・川口市・草加市・東京都足立区にまたがる広大なものだった。

 

『平治物語』によると、遠元は平治の乱(1159年)の際に源義朝(よしとも)の下に従軍。義朝の長男である源義平に付き従った十七騎のうちの一人として名を残していることから、武士として高い戦闘力を誇ったばかりでなく、源氏の家人としてある程度の期間、活躍していたらしいことがうかがえる。

 

 平治の乱で義朝が敗北して殺されると同時に、遠元も歴史の表舞台から姿を消す。義朝の3男である源頼朝が流人生活を送っていた時期も、遠元がどこで何をしていたのか、足跡は一切残されていない。

 

 頼朝が打倒平家を掲げて挙兵すると、遠元は真っ先に駆けつけた。源氏に対する忠誠心に感銘を受けた頼朝は、その場で遠元の本拠地・足立郡の安堵を決めたという。

 

 鎌倉幕府内では、創設された公文所(くもんじょ)の寄人(よりうど/職員)に就任。公文所とは公文書を作成したり、管理したりする機関で、遠元は武士としては珍しく、武道のみならず政務にも長けた文武両道の人物でもあったようだ。

 

 遠元の娘は、時政の子・北条時連(ときつら)や有力御家人・畠山重忠(はたけやましげただ)に嫁いでいる。いずれも幕府の中心をなす北条氏の人間で、こうした縁組が成立するということはすなわち、遠元の存在が重んじられていた証といえるだろう。

 

『吾妻鏡』においては、建永2年(12073月に見える記述が最後。遠元はそれから程なくして亡くなったものと考えられている。

 

 なお、遠元はドラマのタイトルになっている『鎌倉殿の13人』のうちの一人である。

 

 足立氏は、幕府内の権力闘争の一つである霜月(しもつき)騒動と呼ばれる事件で、敗北した安達氏側に味方したことで没落。しかし、遠元の孫が丹波国(現在の京都府中部、兵庫県北東部、大阪府北部)に移住していたことで、一族は生き延びた。

 

 丹波国の足立氏は、戦国時代に天下統一事業を進める織田信長の丹波攻めにおいて羽柴秀長(はしばひでなが)軍と戦い、敗北。武士として大きく力を失った。しかし、いったん帰農することで血脈を保ち、乱世が治まった後で帰還。現在、丹波市青垣町で「足立」の家名が受け継がれている。

 

 また、嘉禎2年(1236)まで讃岐国本山荘(現在の香川県豊中町)の有力者だった足立遠親(とおちか)も、遠元の一族であると考えられている。

 

 

KEYWORDS:

過去記事

小野 雅彦おの まさひこ

秋田県出身。戦国時代や幕末など、日本史にまつわる記事を中心に雑誌やムックなどで執筆。著書に『なぜ家康の家臣団は最強組織になったのか 徳川幕府に学ぶ絶対勝てる組織論』(竹書房新書)、執筆協力『キッズペディア 歴史館』(小学館/2020)などがある。

最新号案内

歴史人 2022年12月号

承久の乱のすべてがわかる! 歴史人編集部

いよいよ終盤に突入するNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。  12月号では「承久の乱」を徹底解説。なぜ後鳥羽上皇は、鎌倉幕府を討つことを決めたのか? また、北条義時はどう動いたのか? そして、この戦いの意義とはなんだったのか? その真実に迫る。また日本の2分したこの戦いの後、100年以上続く鎌倉幕府と北条家はその後どうなったのか? 13人の御家人たちの血脈はどうなったのか?「その後」を追う。  そのほか、北条氏と盟友だった三浦氏が戦った「宝治合戦」、北条家の内紛「二月騒動」、鎌倉最大の危機「蒙古襲来」、そして鎌倉幕府と北条家の終焉までを徹底解説する!