×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

江戸時代に由来する浅草・蔵前・両国・根津・吉原の地名

今月の歴史人 Part5


今も江戸の香りを残す東京の浅草・蔵前・両国・根津・吉原。これらの地名にもちろん由来があり、長き歴史をもつその起源を本記事では紹介していく。


 

隅田川右岸から寛永寺・根津へ至る下町

 

 浅草・下谷(したや)エリアは現在では下町のイメージが強いが、当初は下町でも山の手でもない地域だった。江戸の拡大に伴い、新たに下町化したエリアと表現した方が正確だろう。主に平坦な地勢で、江戸湾や隅田川にも近いため低地が多かった。現在の行政単位では主に台東区となる。

 

 まずは現在の浅草にあたるエリアから見ていこう。

 

浅草正式名称は金龍山浅草寺という江戸で最古の寺院。上図の赤枠部分は、雷門から本堂に至る場所だ。家康が祈祷所に定めてから現在まで、参詣者の絶えない名所。(国立国会図書館蔵)


『名所江戸百景 浅草金竜山』に描かれた浅草。(国立国会図書館蔵)

 

 隅田川右岸に拡がる浅草の地名は、草深い武蔵野のなかでは草深くなかったエリアだったことを語源とする説が有力ともいう。草深くない、つまり草が浅いということである。隅田川に近いため、もともと低湿地だったからだろう。そのほか、海を越すという意味を持つアイヌ語の「アツアクサ」、聖者のいる場所を意味するチベット語の「アーシャ・クシャ」に由来するなどの説がある。

 

 隅田川左岸に拡がる両国の地名は隅田川に架かる両国橋に由来する。明暦の大火後に隅田川右岸にあたる下町と、隅田川左岸の本所を結ぶ橋が架けられたが、当時本所は武蔵国ではなく下総国に含まれていた。武蔵・下総両国を結ぶ橋であったため、その名も両国橋となり、界隈のエリアが両国と呼ばれるようになった。その後、隅田川右岸側の両国は消え、左岸側の両国が地名として残り現在に至る。

 

蔵前幕府が全国から徴収した年貢米を納めていた倉庫「御蔵」があったことが、蔵前の地名の由来。隅田川を埋め立てた地にあり、8本の船入れ堀を設置して荷揚げした。川岸にある「首尾の松」という松の木は、吉原帰りの客が松の下で舟を泊め、遊女との首尾(事の始終)を語り合ったことからこう呼ばれた。(国立国会図書館蔵)

 

 浅草の南にあたる蔵前(くらまえ)は隅田川右岸に拡がる町だが、江戸時代には幕府が全国から徴収した年貢米を納める蔵が川沿いに立ち並んでいた。幕府の米蔵の前には多くの米問屋などが店舗を構えたが、その様子を指して、このエリアが蔵前と総称されるようになり、町名にもなった。

 

 浅草の北にある吉原の名前の由来は遊郭が置かれていたからだが、もともとは日本橋にあった。市中に散在していた遊女屋を集めた場所が低湿地で葭(よし。イネ科の草)が一面に生い茂っていたことから葭原と呼ばれたが、やがて吉原と改められる。その後、幕府の命により遊郭は浅草の北に移転したのである。

 

 山の手にあたる湯島は武蔵野台地の一角を占めるが、すでに平安時代には豊島郡湯島郷(としまぐんゆしまごう)という地名が『和名抄(わみょうしょう)』という記録で確認できる。その由来だが、江戸湾から島のように見えたからという説。温泉が湧いたことが語源などの説がある。

 

根津地名の由来説のひとつが根津神社にある。社殿は宝永2年(1705)5代将軍綱吉が甥の綱豊(のちの6代家宣)を養嗣子に定めた際、同社に屋敷地を献納し造営したもの。(国立国会図書館蔵)

 

 湯島の北にあたる根津(ねづ)の由来についてはふたつの説がある。一つは根津神社が鎮座しているため、そのエリアが根津と名付けられた説で、もう一つは地形に由来する説だ。このエリアが丘陵の根元にあたるとともに、港を意味する津があったため、合わせて根津になったというもの。かつては、このエリアまで海が迫っていたからである。

 

監修・文/安藤優一郎

『歴史人』1月号「地名の歴史をたどる」より

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2022年 2月号

鎌倉殿と北条義時の真実

022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』特別企画! 主人公・北条義時とは何者か? 知られざる義時の前半生から源平合戦、鎌倉殿の誕生と源頼朝の死、 宿老13人と義時の関係は? クライマックスである朝廷と激突した承久の乱まで。 これを読めば、2022年大河ドラマの歴史のすべてが分かる!