×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

『歴史人』12月号別冊案内「戦国山城大全」本日10月18日発売!

山城巡りが100倍楽しくなる!

『歴史人』2021年12月号別冊(10月18日発売)が本日発売。

 

城の構造、立地、歴史、縄張図の読み方、攻城戦

山城のすべてを徹底図解!!

『戦国山城大全』

 

 現代に残る、城郭を中心とした「城」より前の時代に、武将たちは自らの拠点として「山城」を築いていた。いわゆる天守や高い石垣は存在せず、代わりに土塁や空堀が、兵を阻む手強い障壁として張り巡らされていた。この別冊では、そのような「山城」の構造や基礎知識を解説。構造や配置を示した図面である「縄張図」と、全国に残る跡地の写真を掲載し、それぞれの魅力を伝えていく。Amazon

[完全保存版]

城の構造、立地、歴史、縄張図の読み方、攻城戦

山城のすべてを徹底図解!
『戦国山城大全』

 

【特別付録】

『歴史人』が推す全国158山城MAP

 

【特集】
■山城の構造と基礎知識
■縄張図で読み解く全国山城ガイド

…関東・甲信越、近畿、東海・北陸、北海道・東北、中国・四国、九州
■「城」の築き方のすべて
■戦時と平時 城内での暮らし
■信長・秀吉・家康の城
■戦術別・山城の攻め方
■戦国の山城とは?
■「城」の歴史をたどる
■戦国城下町の真実

 

<内容紹介>

 

3大山城、日本5大山城も網羅!
『歴史人』が推す全国158山城MAP

日本国内に約3~4万はあるとされる城のうち、実は90%以上が山城だ。その中で、美しい遺構が残る戦国時代の山城を選りすぐり、折込仕様の特別付録MAPで公開。

 

これだけは知っておきたい!
山城の構造と施設

近世の城郭には備わっている天守や高い石垣などが、一切ないのが山城の遺構だ。実際に山城巡りをする際に役立つ、6つの遺構に注目して紹介する。

 

山城の定義、歴史、築城方法etc.
山城の構造と基礎知識

戦いが絶えることのなかった戦国時代に、山城が造られるに至った背景を解説。また、敵方の攻撃を防ぐために考案されたさまざまな建造物、土台などを多くのイラストとともに解説していく。

 

●全国書店、コンビニ、Amazonなどにて発売中

 

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。