×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

『正徳の治』といわれる時代をもたらした名君 ~ 6代将軍・徳川家宣 ~

徳川15代将軍列伝 〜 江戸幕府を開いた家康から、最後の将軍・慶慶まで〜 第7回 

間部詮房と新井白石の補佐により改革を進める

甲府藩領主として善政を施していた家宣は、常に次期将軍候補に上がる優秀な人物であった。しかし将軍になれたのは人生の晩年48歳。家宣に残された時間はあまりに短かった。イラスト/さとうただし

 歴代の徳川将軍には「名君」と呼ばれる人物もいるが、この6代将軍・家宣(いえのぶ)もそうした「名君」の一人とされる。本来ならば善政とされるはずの「生類憐れみの令」を、犬だけを大事にした将軍・綱吉による悪政とレッテルを貼られた「犬将軍」と重臣・柳沢吉保(よしやす)の「側近政治」の後に政権を担った家宣は、ある意味で「得な役回り」でもあった。

 

 家宣の将軍就任によって、側近政治を解体した、とする歴史作家などもあるが、実は新しい「側近政治」を形づくったのも家宣であった。新しい側近とは、側用人とした間部詮房(まなべ・あきふさ)と儒講・新井白石(あらい・はくせき)とのダブル幕政システムであった。

 

 家宣は、寛文2年(1662)4月、4代将軍・家綱の弟で甲府25万石の領主・徳川綱重の長子として生まれた。つまり3代将軍・家光には孫になり、5代将軍・綱吉には甥に当たる。幼名を虎松、元服して綱豊(つなとよ)といい、将軍になって家宣と改名した。

 

 ただ、家宣の母・長昌院(ちょうしょういん)は父の乳母だった女性の侍女という低い身分だったこともあって、生まれるとすぐに父・綱重の家老・新見正信(しんみ・まさのぶ)に引き取られ、そこで成長した。そのために「新見左近」と呼ばれた時期もあった。結局、父・綱豊の男児は家宣一人であったことから、後に正式に嫡男とされ元服。徳川綱重の継嗣(けいし)となった。延宝6年(1709)父が没して、家宣が甲府25万石に10万石を加増されて相続した。

 

 こうした事情から、4代・家綱が亡くなると、5代には館林領主であった綱吉(綱重の弟)が就任した。綱吉には男女ともに子どもはいたが早世し、結果として柳沢吉保などの働きがあって綱吉の後継者に決定し、綱吉没後に6代将軍の座に就いた。家宣は、48歳という年齢になっていた。

 

 家宣は、吉保にも従来通りの出仕を求めたが、吉保はこれを固辞して隠居した。代わって幕政を取り仕切ったのが、間部詮房と新井白石の二人であった。詮房は政治改革を目指し、白石は朝廷との関係融和などを画した。家宣はまた、「改革・武家諸法度」を公布している。他にも「公正迅速な裁判」「長崎貿易の改善」「恩赦令の発布」「金銀改良の着手」など家宣政権による一連の改革を歴史上「正徳の治」という。

 

 家宣は学問好きであり、経書・歴史・諸家百家の書物などに残らず精通しており師であった白石も「日本でも宋・清(中国)でもこれほど学問を好まれた君主の話は、古今に聞いたことがない」と(半分は忖度であろうが)感嘆したという。この他に、家宣の趣味は能楽であった。これは、元が能楽師の出身であった詮房の影響ともいわれる。良くも悪くも、家宣の治世は、詮房・白石の補佐による。

 

 家宣は、正徳2年(1712)10月、没した。51歳であった。家宣の治世は、僅か3年間という短さであった。

KEYWORDS:

過去記事

江宮 隆之えみや たかゆき

1948年生まれ、山梨県出身。中央大学法学部卒業後、山梨日日新聞入社。編制局長・論説委員長などを経て歴史作家として活躍。1989年『経清記』(新人物往来社)で第13回歴史文学賞、1995年『白磁の人』(河出書房新社)で第8回中村星湖文学賞を受賞。著書には『7人の主君を渡り歩いた男藤堂高虎という生き方』(KADOKAWA)、『昭和まで生きた「最後のお殿様」浅野長勲』(パンダ・パブリッシング)など多数ある。

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。