×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

上田城の攻防と徳川秀忠関ヶ原遅参の真相 前編

歴史研究最前線!#007

「表裏」の人・真田真幸が関ヶ原前に下した決断

真田父子犬伏密談図

真田父子犬伏密談図 上田市立博物館蔵

 関ヶ原合戦前夜において、真田昌幸が石田三成挙兵の一報を知ったのは、下野犬伏(栃木県佐野市)の地であった。慶長5年(1600)7月21日のことである。これまでの流れを考慮すると、真田家は東軍に味方するのが自然なように思える。

 

 しかし、昌幸は「表裏」の人と称される策略家であり、思い切った行動に出る。それは、長男・信幸(信之)はそのまま東軍に従い、昌幸自身と次男・信繁(幸村)が上田城に戻って西軍に味方するというものであった。これが俗に「犬伏の別れ」と称されるエピソードである。

 

 ちなみに、信幸の妻は徳川家康の家臣・本多忠勝の娘で、信繁の妻は西軍に与した大谷吉継の娘だった。そういう基準で、東西に分かれたと言われている。

 

 なぜ昌幸は、このような判断を下したのであろうか。仮に、3人が東軍に与して敗北を喫した場合、真田家は滅亡してしまう。しかし、それぞれが東西両軍に分かれた場合、一方が負けても家は残る。そうした判断ではないか。要するに昌幸は、真田家の永続を願って、究極の決断を下したと推測される。

 

 8月24日、約3万4千の軍勢を率いた秀忠は宇都宮を出発し、中山道をひたすら行軍した。そして、8月28日に松井田(群馬県安中市)を経て、9月1日に軽井沢(長野県軽井沢町)に到着したのである。

 

 秀忠の進む中山道の先には、真田昌幸と次男・信繁が籠もる上田城があった。9月2日に小諸(長野県小諸市)に着くと、秀忠は昌幸に対して、東軍に与するように勧告したのである。実質的な降伏勧告だ。

 

 説得に向かったのは、真田信幸と本多忠政だったが、百戦錬磨の昌幸は返事を先延ばしにし、籠城のための時間稼ぎを行った。9月4日以降、昌幸は挑発的な回答を行ったため、翌日から秀忠は昌幸方の城砦を攻撃するなどした。以後も両軍の小競り合いが続いたものの、昌幸の戦いぶりは実に巧妙であった。

 

 軍記物語などによると、上田城外へ出た真田軍は、徳川軍に攻撃されるとすぐさま城内に逃走した。しかし、それは昌幸の作戦で、徳川軍が大手門へ近づくと、城内の鉄砲隊が一斉に射撃をして、徳川軍を蹴散らした。このような奇策によって、真田軍は徳川軍を相手にして、一歩も引けをとらなかったといわれている。

 

 とはいえ、秀忠はいつまでも上田城を攻めている場合ではなかった。上田城を血祭りにあげ、その勢いでもって関ヶ原に向かい、西軍を蹴散らさなくてはならない。上田城が一向に落ちないことにより、秀忠のイライラはつのっていった。

 

(続く)

 

【主要参考文献】
 阿部勝則「豊臣五大老・五奉行についての一考察」(『史苑』49巻2号、1989年)
 堀越祐一『豊臣政権の権力構造』(吉川弘文館、2016年)
 渡邊大門『関ヶ原合戦は「作り話」だったのか―一次史料が語る天下分け目の真実―』(PHP新書、2019年)

 

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 11月号

戦国武将の国盗り変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで戦国史を地図で読み解く