×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

関ヶ原の戦いで敗れ九度山に蟄居していた真田信繁(幸村)が夢中になっていたものとは?

第0回「歴史人検定」練習問題①


関ヶ原の戦いの後に、徳川家康によって九度山(和歌山県伊都郡九度山町)に幽閉されていた真田信繁(幸村)には、ある楽しみがあった。真田家の重臣である木村綱茂の勧めによって始めたという、その趣味とは一体何だろうか?


Q.関ヶ原の戦いで敗れ、九度山に蟄居していた真田信繁(幸村)が夢中になっていたのは次のうちどれか?

 

1.連歌

2.和歌

3.能楽

4.歌舞伎

 

 幾度の合戦を繰り広げたその武名からは、想像しづらいかもしれない。名将として知られる真田信繁(幸村)が、蟄居(ちっきょ)の間に夢中になっていたものがある。

 

 慶長5年(16009月の関ヶ原合戦後、真田信繁は父・昌幸とともに九度山(和歌山県九度山町)に逼塞していた。その後の生活で、信繁の心の慰めになったのは連歌だった。

 

 年未詳920日付の信繁の書状(宛名欠)では、自らの窮乏生活を宛名の主に伝え、兄である信之に伝えてもらうよう依頼している(「長井彦介氏所蔵文書」)。兄を頼ったのは、やはり真田家の当主でもあり、また金銭的な援助が期待できたからであろう。

 

 書状の後半部分では、高野山での苦しい生活を推察いただきたいと述べている。しかし、追伸では信繁が九度山で連歌を学んでおり、機会があれば興行したいと書いている。信繁の日々のささやかな楽しみは、連歌だったようである。

 

白石城(宮城県白石市)で実際に着用できる、真田信繁が着用した「赤備え」のレプリカ。城内には撮影スポットももうけられている。

 経済的に厳しかった信繁は、父・昌幸と同じく「打倒家康」などは考えもしなかっただろう。似たような内容の書状は、ほかにも残っている。

 

 慶長18年頃と考えられる12月晦日付の信繁の書状(真田家の重臣・木村綱茂宛)には(「宮沢常男氏所蔵文書」)、変わることなく過ごしているので安心するように述べ、一方で冬の生活に不自由していることにも触れている。また、窮乏した生活を察して欲しいとし、綱茂にお目にかかりたいと結んでいる。少し回りくどいものであるが、切々と苦境を訴えていることがわかる。

 

 書状を送った主旨は、歳暮として鮭を送られたことに対する返礼であるが、同時に苦しい状況を吐露しているのだ。生活は変わることはないと書かれているが、経済的に厳しい状況を匂わせているので、実際はそうでなかったのだろう。婉曲に状況を伝えるのは、少なからずプライドが残っていたからかと思われる。

 

 書状の追伸では、綱茂が連歌に熱心に取り組んでいることを知り、信繁も日々の慰みに連歌を勧められたと述べている。しかし、老年になってから取り組んだので、なかなかうまくならないことを残念がっている。もし、信繁が本格的に連歌を学んでいたら、かなり上達していたかもしれない。

 

1211日(土)開催「歴史人検定 第0回」練習問題より

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。