×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

天下人・家康の「人柄」が伝わる4つの逸話

学び直す「家康」⑥

■懐が深く反逆した家臣も許す

岡崎公園(愛知県岡崎市)にある「しかみ像」。モチーフの肖像画は、三方ヶ原の大敗後に描かれたと言われてきたが、裏付ける史料は発見されていない。

 家康は懐が深く、自身に反逆した家臣であっても、許す寛容さがあった。それは、「われ、素知らぬ体(てい)をし、能く使いしかば、みな股肱(ここう)となり。勇巧顕(ゆうこうあらわ)したり」という言葉にあらわれている。

 

 三河一向一揆が勃発した際、家康に反旗を翻した夏目吉信(なつめすしのぶ)は、一揆鎮圧後に許された。吉信は、その恩義に報いるため、三方ヶ原の戦いで家康の身代わりになり討ち死にを遂げている。

 

 本多正信(まさのぶ)も三河一向一揆に加担し、徳川家中から放逐されたひとりだ。その後、大久保忠世(ただよ)の仲介もあって徳川家に帰参。家康の股肱の臣として活躍し、江戸幕府で重きを置かれたのである。

 

 こうした家康の寛容さは、家臣の結束を強めたといえる。

 

■一方でけっこう根に持つ性格だった?

 

 家康は懐の深さを示す一方、根に持つタイプだったという。

 

 家康の子・信康(のぶやす)に謀反の嫌疑が掛かったとき、織田信長は真偽について、酒井忠次(さかいただつぐ)に問い質すと、あっさり認めた。後年、忠次が家康に息子の将来を頼んだ際、「お前でも子どもが可愛いのか」と皮肉った。忠次は何も言えず、その場から退出したという。

 

 また孕石元泰(はらみいしもとやす)が今川家家臣だったとき、隣家が家康の屋敷だった。家康は鷹狩りを好んでいたが、飼っていた鷹は、元泰の家にたびたび糞や獲物を落とした。その都度、元泰は家康に苦情を申し入れた。

 

 のちに武田氏家臣となった元泰は、第二次高天神(たかてんじん)城の戦いで捕らえられ、そのときの恨みで、家康から切腹を申し付けられたという。

 

■縁起を担いで江戸入りをやり直す

 

 北条氏滅亡後の天正18年(1590)7月18日、家康は晴れて江戸城に入城したことが明らかである(『家忠日記』)。しかし、家康の江戸入りは、同年8月1日とされている。

 

 それはなぜなのか。一説によると、7月18日は日柄が良くなく、秀吉の命に応じて慌ただしく江戸入りしたこともあり、家康は改めて8月1日(八朔/はっさくの日)に江戸に入り直したといわれている。もともと八朔は、鎌倉時代頃から行われた、農民が収穫の無事を願う儀式に由来する。

 

 かつて甲斐入りを先導した旧武田家臣を先頭に、全員が白帷子(しろかたびら)で江戸入りした。家康が江戸入りした八朔の日は、江戸幕府にとって最大の祝日となったのである。

 

■ピンチになると爪を噛む

 

 家康の性格は、神経質で短気な一面があった。

 

 歴史小説などでお馴染みなのは、家康が爪を噛むシーンである。家康は戦いで苦戦したり、状況が不利になったりすると、親指の爪を噛む癖があった。ときには強く噛み過ぎて、血が出ることもあったと伝わる。

 

 家康とその家臣団の事績を記した『改正三河風土記』などによると、関ヶ原の戦いの際、戦いが有利に進まなかったので、家康が思わず爪を噛んだという。この逸話は、その好例であろう。

 

 また家康は戦闘の前、采配を取る手で鞍の前輪を叩く癖があったといわれている。そのため、家康の右手の指は三本が固まってしまい、伸ばすのが困難になったと伝わっている。

 

監修・文/渡邊大門

(『歴史人』2022年8月号「徳川家康 天下人への決断」より

KEYWORDS:

過去記事

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。