×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

国宝「楓図」「桜図」など誰もが知る障壁画群を初めて寺外へ!サントリー美術館『京都・智積院の名宝』

編集部注目の歴史イベント


サントリー美術館では2022年11月30日(水)~2023年1月22日(日)の間『京都・智積院の名宝』が開催される。


 

■智積院が秘蔵する多彩な名宝が一堂に

京都・智積院の名宝

京都・智積院の名宝

 

 京都・東山に建つ智積院は、弘法大師空海(774~835)から始まる真言宗智山派の総本山で、全国に末寺約3,000を擁する。高野山中興の祖といわれる興教大師覚鑁(1095~1143)の法統を受け継ぎ、後に隆盛を極めた紀伊国根来寺山内で室町時代中期に創建された。天正年間には豊臣秀吉政権の下で一旦衰退するが、その後、徳川家康の寄進を受け、江戸時代初期には現在の地に再興を遂げた。この地には元々、秀吉の夭折した息子・鶴松(棄丸)の菩提を弔うために建てられた祥雲禅寺があり、長谷川等伯(1539~1610)と息子・久蔵(1568~93)が描いた名高い金碧障壁画群も、智積院による手厚い保護を受けて今日まで大切に守り伝えられてきた。

 

 本展では、国宝「楓図」「桜図」など、誰もが知る障壁画群を初めて寺外で同時公開し、桃山時代の絢爛豪華な抒情美にふれる貴重な機会となる。また、国宝「金剛経」や重要文化財「孔雀明王像」の他、仏堂を荘厳する仏教美術の貴重な優品や、近代京都画壇を代表する堂本印象(1891~1975)による「婦女喫茶図」に至るまで、智積院が秘蔵する多彩な名宝が一堂に公開。

 

【開催概要】

会期

2022年11月30日(水)~2023年1月22日(日)

※各作品の出品期間は、出品作品リスト(PDF) を参照。
※作品保護のため、会期中展示替あり。
※会期は変更の場合あり。

開館時間

10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)

※1月8日(日)は20時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
※開館時間は変更の場合あり

休館日

火曜日、12月30日(金)~1月1日(日・祝)

※1月17日は18時まで開館

入館料
一般 当日 ¥1,500 前売 ¥1,300
大学・高校生 当日 ¥1,000 前売 ¥800

チケット購入

※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
[チケット販売場所]
サントリー美術館受付(火曜日、展示替え期間中を除く)
サントリー美術館公式オンラインチケット
ローソンチケット:Lコード 32571
セブンチケット:セブンコード 095-961
※年末年始はチケットシステムが休止される場合あり。販売スケジュールは各チケット販売会社まで。

割引

◇100円割引
・あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示

「京都・智積院の名宝」×総本山智積院 相互割引
>>詳細はこちら

※他の割引との併用不可

音声ガイド

¥600

音声ガイドの詳細はこちら

主催

サントリー美術館、総本山智積院、朝日新聞社

協賛

三井不動産、三井住友海上火災保険、竹中工務店、パナソニック ホールディングス、サントリーホールディングス

 

 

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。