×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

【関ケ原の戦い】参戦武将に想いを馳せる!関刃物職人による刀身ペーパーナイフ

編集部注目の歴史イベント


関ケ原の戦いに参戦した武将が愛用した日本刀の刀身をモチーフとしたペーパーナイフのクラウドファンディングがCAMPFIREに登場。徳川家康の愛刀であるソハヤノツルキをモチーフとしたモデルは、所蔵元の久能山東照宮が監修。実際の刀に基づきリアルな再現を試みている。


 

■手軽に戦国の名将たちの‟名刀″を、手のひらに

 

関刃物職人による刀身ペーパーナイフ

関刃物職人による刀身ペーパーナイフ

 

 

 刀身ペーパーナイフは、武将たちが愛用していた日本刀の刀身をモチーフとした1/5スケールのペーパーナイフで、刃体の反りや刃紋をリアルに再現している。CAMPFIREでは限定仕様の4種類がある。

 

①260年続く江戸幕府を開いた天下の覇者である徳川家康【東軍】の愛刀”ソハヤノツルキ”モデル

 

②天才軍師・黒田官兵衛の息子で、関ケ原の戦いで戦功を挙げた黒田長政【東軍】の愛刀”へし切長谷部”モデル

 

③豊臣政権下の五奉行の1人で、最後まで豊臣方を守ろうとした石田三成【西軍】の愛刀”石田正宗”モデル

 

④病を患いながらも盟友・石田三成に最後まで従った義将・大谷吉継【西軍】の愛刀”包丁藤四郎”モデル

 

詳しくはCAMPFIREのクラウドファンディングページにて。

 

 

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。