×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

紐できゅっと口を締める時の感覚をもつ女性の陰部「巾着ぼぼ」【江戸の性語辞典】

江戸時代の性語㉝


江戸時代の性に関する言葉は、現代まで使われているもの、意味が変化したもの、まったく使われなくなったものなど様々なものが存在した。今回は現代では使われていない「江戸の性語」をチョイスして、紹介していく。


 

■巾着ぼぼ(きんちゃくぼぼ)

 

 上開(じょうかい、13回目参照)の代表のひとつ。

 

 巾着は、布や革で作り、口を紐でくくる財布だが、紐できゅっと口を締める時の感覚を、締まりのよい陰部にたとえたのであろう。

 

 たんに「きんちゃく」だけで、当時の男女には通じた。

 

【図】巾着ぼぼに感激している男(『淫書開交記』歌川芳員、慶応二年、国際日本文化研究センター蔵)

 

【用例】

①春本『艶本葉男婦舞喜』(喜多川歌麿、享和2年)

 

 助平と言う男、女の味のよさに、思わずよがり声をあげて、

 

 やがて助平、男泣きに泣き出し、
「はあはあ、むむむ、これはたまらぬ」
 出し入れのたびごとに、玉門(ぼぼ)の口締まりて、雁首をしごき、締め付けるは巾着陰(きんちゃくぼぼ)、

 

 口が締まるという、巾着ぼぼの特徴がよくわかる。

 

 雁首は亀頭のこと。

 

 

②春本『天野浮橋』(柳川重信、天保元年)

 

 屋根舟の中で、ふたりは交わる。

 

女「それ、それ、もう、いきますよ。あれ、どうしようのう」
男「わっちも、恐ろしくいいよ。おまえのは巾着とやらだそうで、口を締める。いい心持ちだよ」
女「おまえのも雁が高くて太いから、格別にいいよ。またいくよ。一緒におやりな。ああいい、体が溶けるようだよ」

 

「雁が高い」は、亀頭が大きいこと。

 

 男女ともに、一級品の持ち主のようだ。

 

 

③春本『枕説色掃溜』(歌川芳信、天保五年)

 

 雁(かり)が高いから、つまり亀頭が大きいからいいと、女が述べたのに対し、男が言う。

 

「なるほど、年増は二十五、六が喰い盛り。ああ、どうも言えねえ。それに、巾着というものだから、俺もいくぞ、いくぞ」

 

 当時、二十五、六歳は年増と言われた。だが、巾着ぼぼの持ち主だった。

 

 

④春本『仮枕浮名の仇波』(歌川国政、安政元年)

 

 与三郎が陰茎を挿入すると、

 

 根元を締め付け、胴にまとい、雁首にからみつき……(中略)……古今の名開(めいかい)は、巾着開(きんちゃくぼぼ)とも蛸壺とも、たとえんがたなき心地よさ。

 

 名開は、上開のこと。蛸つびを蛸壺と称している。

 

 巾着ぼぼなのか、蛸つびなのかはわからぬが、とにかく素晴らしい、と。

 

 

⑤春本『淫書開交記』(歌川芳員、慶応二年)

 

 助兵衛の相手の女は巾着ぼぼだった。しかも、よがり声も大きい。

 

「いい、いい」
 と、声をあげて泣きすすり、世迷言やら、鼻息まじりの大よがり。
 助兵衛もまた、巾着に締め付けられて、他愛なく男泣きに声高く、
「俺も、こんなよいぼぼは、へその緒切って以来、初めてだ」

 

 上図は、助兵衛の感激の様子である。

 

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon Apple Books 楽天Kobo

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。