×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

【江戸の性語辞典】陰部が固くなることを「木のようになる」

江戸時代の性語㉙


江戸時代には現在では使われていない独特の言葉あった。ここではそんな言葉のなかでも「江戸時代に使われていた性語」をピックアップして紹介する。


 

■木のようになる(きのようになる)

 

 陰茎が固く勃起すること。勃起の形容。

 

【図】我慢できない男。(『花以嘉多』歌川国芳、天保八年、国際日本文化研究センター蔵)

 

【用例】

①春本『会本妃多智男比』(喜多川歌麿、寛政七年)

 

 錦三郎は路地の奥で、女と立ったままする。

 

 木のようになった一物を、天窓(あたま)からあてがえば、下地にうるおいきったるところ、ぬるぬると毛際まで押し込み、片手に腰を抱き上げて、ずるりずるりと、三つ四つ突けば、

「錦さま、息がはずんでまいりました。もう、いきますよ、ああ、どうもどうも、ふう、ふう」

 と、よがり泣き。

 

 天窓(あたま)は亀頭のこと。

 

 

②春本『祝言色女男思』(歌川国虎、文政八年)

 

 商家の主人が、横に寝ている女房をさそった。ところが女房は、まだ奉公人がおきているので、待てと言う。

 

「馬鹿ぁ、言わっせい。あいらが寝るまで、待たれるものか。あれ、見さっせ、この通りだ」

 と、木のようになっているへのこを、女房に握らせる。

 

「へのこ」は陰茎である。

 

 亭主は待ちきれないようだ。

 

 

③春本『古能手佳史話』(渓斎英泉、天保七年)

 

 女と交接しながら、男が言う。

 

「それ、いいか、久しぶりで、てめえのぼぼをするせえか、へのこが木のようになって、それ、いいか」

 

「ぼぼ」は女性器である。

 

 

④春本『正写相生源氏』(歌川国貞、嘉永四年)

 

 女が、男の股のあたりを着物の上からさすると、

 

 着物の上からそろそろと、さすってみれば木のように、しゃっきり生(お)えたる大業物(おおわざもの)、股のあいだに横たわる、その手ざわりの快さ、

 

 着物越しでも、陰茎が固く勃起しているのがわかった。しかも、かなり大きいようだ。

 

 

⑤春本『正写相生源氏』(歌川国貞、嘉永四年)

 

 男は指の愛撫が巧みだった。女は指だけで感じ、

 

 熱湯の如き淫水を、しきりに流して鼻息荒く、男の股へ手を入れて、木の如くなる男根を、握りつめてのよがり泣き。

 

 男の方も、固く勃起していた。

 

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon Apple Books 楽天Kobo

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内