×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

【江戸の性語辞典】根拠もなく信じられた「相模女・相模下女」

江戸時代の性語㉖


現代とは異なり、江戸時代には根拠のない「噂」程度の俗説が、まるで定説のように扱われることがあった。相模国の女性を指した俗語について、今回は解説する。


 

■相模女(さがみおんな)・相模下女(さがみげじょ)

 

 相模は、現在の神奈川県にほぼ相当する。

 

 相模下女は、相模から江戸に出てきて、商家などで下女奉公をしている女。

 

 江戸では、相模女と相模下女は、好色で淫乱とされていた。性的に奔放な女の代名詞でもあった。

 

 もちろん、根拠のない、失礼極まりない地域評である。

 

 俗説にすぎないのだが、いつしか定説のようになっていて、男たちは、

 

「あの女、相模だとよ」

 

 などと聞くや、みなニヤリとした。

 

 図は、東海道の戸塚宿(横浜市戸塚区)の飯盛女(宿場女郎)が描かれている。まさに本場の相模女と言おうか。

 

【図】相模女(『旅枕五十三次』恋川笑山、嘉永年間、国際日本文化研究センター蔵)

 

【用例】

①戯作『粋町甲閨』(山手馬鹿人著、安永八年頃)

 

 内藤新宿の女郎屋で、客の男と遊女が話す。遊女は相模の出身だった。

 

男「相模女に播磨鍋とって、尻が早えにたとえてあるわ」

女「そりゃあ、はや、ほかの女は知らねえが、なんぼ相模でも、そんなじゃごぜんせん」

 

 播磨鍋は、播磨(兵庫県の南西部)産の銅製の鍋のこと。早く熱せられたため、女の尻が軽いたとえとなった。

 

 相模女と同様、播磨女も尻が軽いとされていた。

 

 

②春本『会本色形容』(喜多川歌麿、寛政十二年)

 

 仇介という番頭は、まったく女にもてなかった。

 

 悲しいかな、前世の報いにや、相模女は言うに及ばず、房州鍋の尻軽下女にさえも、口説き寄れば、はねのけられ、

 

 相模下女はおろか、房州下女にも相手にされなかった、と。

 

 逆から言えば、相模女は声さえかければすぐに応じるはず。その相模女からも相手にされないのだから、よほどもてないのだ――となる。

 

 房州(千葉県南部)の女も、尻軽で淫乱と考えられていたようだ。

 

 

③春本『千摩伊十紙』(歌川国盛二代、嘉永期)

 

 相模下女の淫乱(させずき)陰門(ぼぼ)

 

 淫乱に「させずき」、陰門に「ぼぼ」という振り仮名があるのがおかしい。

 

 それにしても、相模下女は淫乱と決めつけている。

 

 

④春本『旅枕五十三次』(恋川笑山、嘉永年間)

 

 東海道の宿場、小田原宿(神奈川県小田原市)の性風俗について述べた個所である。

 

 この辺、すべて相模なれば、国柄とて当所の女、みな好色淫乱にして、三、四番にてはなかなか飽き足らず、魔羅は萎(な)えても合点せず、口を吸い、へのこをしゃぶりするゆえ、開(ぼぼ)もなめてやらねばならず……

 

「へのこ」は陰茎、「開」は女性器のこと。

 

 相模の女は、三発や四発では満足しない。さらに求めて、キスをし、フェラチオをする。そのため、男としてもクンニリングスをせざるを得ない、と。

 

 もちろん、春本の誇張とふざけである。

 

 しかし、男たちはニヤニヤしながらも、

 

「相模の女が好き者なのは本当なんだな」

 

 と、なかば信じたであろう。

 

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon Apple Books 楽天Kobo

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。