×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

激戦に散ったB-29撃墜王「遠藤幸男」と双発夜間戦闘機「月光」(中島J1N)

祖国の栄光を担った「蒼空の武人」とその乗機 第6回


日本本土を空襲するB-29の迎撃に特化した夜間戦闘機「月光(げっこう)」を駆使し、16機を撃墜したB -29狩りの名人・遠藤幸男(えんどうさちお)。その戦歴と愛機「月光」のメカニズムに迫る!


 

空母「蒼龍」時代の遠藤幸男。1938年の撮影。戦死後、2階級特進して中佐となるが、予科練出身で中佐まで進級した唯一の人物とされる。

 1930年代中頃は、世界的に双発戦闘機の人気が高まっていた時期だった。当時のエンジン1基だけでの出力の限界を超えた速度性能や長距離侵攻に対応するため、エンジンを2基搭載して速度の向上を目指したり、機体の大型化による燃料搭載量の増加を図って長距離飛行を可能とすることが考えられたのだ。

 

 かような情勢下の1938年11月、日本海軍も、陸上攻撃機の長距離護衛を行える双発戦闘機の開発を中島飛行機に発注した。

 

 この機体は十三試双発陸上戦闘機と称され、1941年5月に初飛行した。ところが、すでに同機よりも戦闘機として性能的に優れた単発の零戦による陸攻の護衛が行われていたため、1942年7月に二式陸上偵察機として、機数を限定したうえで採用された。ところが、実戦に投入してみると予想外に損耗が多く、やがて同機はあまり使われなくなった。

 

 こうして、いったんはお払い箱の瀬戸際になった同機ながら、20mm機関砲を機体前後の水平軸に対して前方向き仰角30度前後で取り付ける「斜め銃」を小園安名(こぞのやすな)中佐が考案。これを二式陸上偵察機の原型となっている十三試双発陸上戦闘機に搭載し、ラバウルでボーイングB-17フライングフォートレスやコンソリデーテッドB-24リベレーターといった重爆撃機に対する夜間迎撃に用いたところ、短期間で相応の撃墜を記録。この戦果により、十三試双発陸上戦闘機と二式陸上偵察機は、にわかに脚光を浴びることになった。結果、斜め銃を装備した夜間戦闘機への改修が推進され、1943年8月、この夜間戦闘機は改めて「月光」として制式採用された。

 

 かくして月光は、ラバウル方面では夜間爆撃に飛来するB-17やB-24を迎撃して一定の戦果をあげた。そして夜間戦闘だけでなく昼間の対地・対艦攻撃にも投入されたが、こちらのほうの戦果は芳しいものではなく、やはり夜間戦闘に専従させるのが最良と考えられた。

 

 また、日本本土空襲に飛来するボーイングB-29スーパーフォートレスに対しては、当初は昼間高々度爆撃の迎撃にも参加した。ところがノースアメリカンP-51マスタングの護衛が付くようになると、一方的にやられてしまうことになった。

 

 その後、B-29の戦術が夜間低空爆撃に変更されると、護衛のP-51がいないため、月光は再び活躍できるようになった。特に、遠藤幸男は「B-29撃墜王」とも呼ばれたパイロットだった。

 

 191599日、山形県で生まれた遠藤は1930年に乙種飛行予科練習生として海軍航空隊に入隊。艦上攻撃機のパイロットとなった。日中戦争に出征後、帰国して教官職に。

 

 19431月、第251航空隊に配属されて二式陸上偵察機に乗る。この頃、旧知の小園に乞われて、ラバウルでの月光試作機の実戦試験に参加。19443月、遠藤は第302航空隊に転属し、月光の搭乗員訓練に従事した。

 

 ついにB29による日本本土空襲が始まった後の同年7月、月光の分遣隊を率いて長崎県大村基地で防空任務に就いた。820日午後、B29の編隊が北九州に来襲すると、遠藤は他の搭乗員7人とともに出撃して大戦果を得た。この戦功に対し、感状と軍刀が授与されている。

 

 その後、厚木に戻った遠藤は月光による撃墜機数を着実に伸ばす。1945114日には、名古屋に飛来したB29を白昼に迎撃。1機を撃墜し1機を撃破したものの、遠藤機も被弾。炎上する乗機を人口が少ない渥美半島まで飛ばしてから、偵察員の西尾治上飛曹の脱出を確認後に自分も脱出したが、西尾は開傘せず、遠藤は脱出高度の不足で戦死をとげた。なお、「B-29撃墜王」遠藤のスコアは同機撃墜破16機で、このうち撃墜が公認されているのは8機。

月光一一型。連合軍から“Irving(アーヴィング)”のコードネームで呼ばれた。

KEYWORDS:

過去記事

白石 光しらいし ひかる

1969年、東京都生まれ。戦車、航空機、艦船などの兵器をはじめ、戦術、作戦に関する造詣も深い。主な著書に『図解マスター・戦車』(学研パブリック)、『真珠湾奇襲1941.12.8』(大日本絵画)など。

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。