×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

江戸時代の人々が受け継いだ雅やかな王朝文化~彦根城博物館 テーマ展「源氏物語―古典の継承と展開―」

編集部注目の歴史イベント


彦根城博物館では2022年9月8日(木)~10月5日(水)の間、テーマ展「源氏物語―古典の継承と展開―」を開催。本展では、江戸時代を中心に、源氏物語の享受の様子を典籍や美術工芸品を通じて紹介している。


 

江戸時代の人々が受け継ぎ、展開した、雅やかな王朝文化の世界

 

<strong>源氏物語(承応三年版絵入源氏物語)</strong> 60冊 各 縦28.0cm 横20.0cm 江戸時代 承応3年(1654)刊

源氏物語(承応三年版絵入源氏物語) 60冊 各 縦28.0cm 横20.0cm 江戸時代 承応3年(1654)刊

 

 物語文学の最高峰と位置づけられる源氏物語。平安時代の成立時から好評を得て書写され、文学のみならず、美術、芸能、果ては和菓子の世界に至るまで、日本文化全般にわたり多大なる影響を与え続けてきた。
 注釈研究も早く平安時代末に始まり、考証的なものから鑑賞的方向を打ち出すもの、啓蒙的なものまで、現代に至るまで膨大な蓄積が成されている。

<strong>湖月抄</strong> 60冊 北村季吟(きたむらきぎん)著 各 縦27.5cm 横19.5cm 江戸時代 延宝3年(1675)刊(延宝元年成立)

湖月抄 60冊 北村季吟(きたむらきぎん)著 各 縦27.5cm 横19.5cm 江戸時代 延宝3年(1675)刊(延宝元年成立)

 源氏物語の受容層は、それまではほぼ一部上層階級に限られていたのが、江戸時代には、版本が出版されたこともあり、大きな広がりをみせ、大衆化することとなる。特に、延宝元年(1673)に刊行された北村季吟(きたむらきぎん)著「湖月抄(こげつしょう)」は、全文を記して頭注や傍注で解説する読みやすい体裁で、源氏物語を広く流布させた立役者として知られている。そして、寛政11年(1799)に刊行された本居宣長(もとおりのりなが)著「源氏物語玉小櫛(たまのおぐし)」は、物語の本質を「もののあはれ」とする論を示し、後世にも大きな影響を与えた。

 

物語の絵画化 「源氏絵の誕生」

<strong>源氏物語図屏風 左隻</strong> 江戸時代 個人蔵

源氏物語図屏風 左隻 江戸時代 個人蔵


<strong>源氏物語図屏風 右隻</strong> 江戸時代 個人蔵

源氏物語図屏風 右隻 江戸時代 個人蔵

 

 物語の絵画化もまた、原典成立後あまり間をおかずに始められたと考えられている。室町時代には物語各帖から選択する場面がほぼ定着し、受け継がれていった。江戸時代には、源氏物語に限らず、平安時代の王朝風俗で描いた物語絵全般を「源氏絵」と称するようになり、その活況ぶりがよく分かる。

 

 源氏物語に関する言葉として、源氏絵のほかに、源氏絵によく見られることから名付けられた源氏雲、源氏物語の冊子を収める源氏箪笥、御所車を図案化した源氏車、香りを当てる組香(くみこう)で源氏物語の各帖の名をつけた源氏香などがある。これらもまた、源氏物語の世界が広がり、定着したことのあらわれとも捉えられている。

 

 本展では、江戸時代のものを中心に、源氏物語の享受の様子を典籍や美術工芸品を通じて紹介している。

 

【開催概要】
彦根城博物館
テーマ展「源氏物語―古典の継承と展開―」

 

[会期]2022年9月8日(木)~10月5日(水)
[開館時間]午前8時30分~午後5時
入館は午後4時30分まで
[休館日]会期中無休
[入場料]一般500円、小中学生250円(税込み)

 

[会場]彦根城博物館
〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町1番1号

主催:彦根城博物館

 

【問い合わせ先】
TEL:0749-22-6100
FAX :0749-22-6520

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。