×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

貴重な日本美術が集結~東京藝術大学 大学美術館 特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」

編集部注目の歴史イベント


東京藝術大学大学美術館では2022年8月6日(土)~9月25日(日)の間特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」開催。皇室に伝わる優品をはじめ、様々な日本美術が集結。貴重な美術品の数々の魅力を味わうことができる。


 

じっと見る そっと見る うつくしい 宝もの

特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」

特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」

 特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」では、宮内庁三の丸尚蔵館が収蔵する皇室の珠玉の名品に、東京藝術大学のコレクションを加えた82件の多種多様な作品を通じて、「美の玉手箱」をひも解き、日本美術の豊かな世界を感じることができる。代々日本の文化の中心に位置して美術を保護、奨励してきた皇室に伝わる優品の数々は、特筆すべき重要な存在だ。

 

 また、本展が開催される東京藝術大学は、前身である東京美術学校で岡倉天心が1890年に初めて体系的に日本美術史の講義を行った場所でもあり、以降、芸術の教育・研究機関として重要な役割を担う。本展では、このような歴史的背景をもつ両者共同ならではのアプローチで、貴重な美術品の数々の魅力をわかりやすく紹介している。

 

【開催概要】

特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」

 

会期:2022年8月6日(土)~9月25日(日)
※会期中、作品の展示替えおよび巻替えがあります
前期展示:① 8月6日(土)~8月28日(日)/ ② 8月6日(土)~9月4日(日)
後期展示:① 8月30日(火)~9月25日(日)/ ② 9月6日(火)~9月25日(日)

 

開館時間:午前10時~午後5時
9月の金・土曜日は午後7時30分まで開館
※入館は閉館の30分前まで
※本展は日時指定予約の必要はありませんが、今後の状況により入場制限等を実施する可能性があります。
※最新情報は展覧会公式ホームページやTwitterをご確認ください。

 

休館日:月曜日(ただし、9月19日(祝)は開館)

 

会場:東京藝術大学大学美術館(台東区・上野公園)
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8

 

入場料:一般2,000円(1,800円)、高・大学生1,200円(1,000円)
※中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名は無料
※( )は前売り料金、詳細はチケットページを参照。

 

主催:東京藝術大学、宮内庁、読売新聞社
特別協賛:キヤノン、大和証券グループ、三井不動産、三菱地所、明治ホールディングス
協賛:JR東日本、清水建設、髙島屋、竹中工務店、三井住友銀行、三菱商事
特別協力:文化庁、紡ぐプロジェクト

【問い合わせ先】050-5541-8600(ハローダイヤル)

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。