×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

歴史文化から静岡の未来をつくる 『静岡市歴史博物館』がプレオープン!

編集部注目の歴史イベント


2023年1月に開業予定の静岡市歴史博物館。プレオープンとして7月23日(土)~9月末まで、1階無料エリアが毎週土曜日、日曜日、および祝日の9:00~18:00に公開されている。発掘された戦国時代の遺構をそのまま取り込んだユニークな設計のフロアを体感できる。


 

駿府から静岡へ、そして未来へ

静岡市歴史博物館 外観

静岡市歴史博物館 外観

 令和5年1月のグランドオープンに先駆け、7月23日(土)から9月末まで、1階無料エリアが毎週土曜日、日曜日、および祝日の9:00~18:00に公開されている(10月以降は火曜~日曜開館)。毎週末、歴史トークや体験ワークショップなどの開催も予定。詳細は順次、公式ホームページで公開予定。

 

静岡市の土地の記憶を感じる

建設予定地で発掘された「戦国時代末期の道と石垣の遺構」は、発掘された状態のまま公開!

建設予定地で発掘された「戦国時代末期の道と石垣の遺構」は、発掘された状態のまま公開!

 1階エリアのシンボルは、戦国時代末期の駿府城下を偲ばせる「道と石垣の遺構」。全長30mに渡り発掘された遺構を屋内に取り込み、常時公開。エントランス前のギャラリーでは、静岡市の時間の流れと空間の広がりを表現。他に家康公研究室、子どもたちへの学習支援や市民活動、交流のためのスペースがあり、静岡の歴史を楽しみながら学ぶことができる。

 

【開催概要】

<施設名>静岡市歴史博物館
<期間> 2022年7月23日(土)~9月末
<開館> 毎週土曜日、日曜日及び祝日の9:00~18:00※10月以降は火曜~日曜開館
<入場料>無料

 

公式サイト
https://scmh.jp/

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2022年12月号

承久の乱のすべてがわかる! 歴史人編集部

いよいよ終盤に突入するNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。  12月号では「承久の乱」を徹底解説。なぜ後鳥羽上皇は、鎌倉幕府を討つことを決めたのか? また、北条義時はどう動いたのか? そして、この戦いの意義とはなんだったのか? その真実に迫る。また日本の2分したこの戦いの後、100年以上続く鎌倉幕府と北条家はその後どうなったのか? 13人の御家人たちの血脈はどうなったのか?「その後」を追う。  そのほか、北条氏と盟友だった三浦氏が戦った「宝治合戦」、北条家の内紛「二月騒動」、鎌倉最大の危機「蒙古襲来」、そして鎌倉幕府と北条家の終焉までを徹底解説する!