×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

大型空母へと大変身した幻の大和型3番艦「信濃」の悲劇

「戦艦大和」物語 最終回 ~世界最大戦艦の誕生から終焉まで~


太平洋戦争終盤、戦艦「大和」の船体をベースにした大型空母が竣工した。その名は「信濃(しなの)」。悲劇の空母として名高い「信濃」沈没の謎に迫る。


1944年11月11日、東京湾で公試中の「信濃」。この日と翌12日には各種艦上機の離着艦試験も実施された。

「大和」型戦艦の第1号艦こと「大和」は1937114日に呉海軍工廠(くれかいぐんこうしょう)で起工し、19411216日に就役。続く第2号艦の戦艦「武蔵(むさし)」は1938329日に三菱重工業長崎造船所で起工し、194285日に就役した。

 

 この2隻に続いて、第4次海軍軍備充実計画で同型艦2隻をさらに追加建造することになり、それぞれ第110号艦、第111号艦と称された。そして前者は194054日、横須賀海軍工廠で起工の運びとなった。

 

 だが、戦争の激化にともなって駆逐艦など小型で建造に時間がかからず、しかも数が求められている軍艦の建造が優先され、それに加えて損傷艦艇の修理も増えたことから、のちに「信濃」と命名される第110番艦の建造は一時中止された。

 

 ところが19426月のミッドウェー海戦で日本は赤城(あかぎ)、加賀(かが)、蒼龍(そうりゅう)、飛龍(ひりゅう)という4隻もの艦隊空母を一挙に失ってしまった。そのため空母の急造計画が承認され、すでに船体が完成していた「信濃」も、大和型の3番艦としてでなく空母として完成させることになった。

 

 信濃の空母化に際して、日本海軍は大和型の重防御を活かし、味方の空母機動部隊と敵の空母機動部隊の中間点まで進出させ、「信濃」を中継の空母として使う作戦を構想した。後方の空母を発艦した攻撃隊は、敵を攻撃したあと「信濃」に着艦して燃料補給のうえ後方の母艦に帰還したり、「信濃」で再武装して再び敵の攻撃に向かうといった戦い方である。もちろん、普通の空母としての運用も考えられていた。

 

 19441128日、ほぼ完成していた「信濃」は、最終艤装(ぎそう)を呉で行うため、駆逐艦3隻に護衛されて横須賀を抜錨(ばつびょう)した。艦内には約1000名の工員が同乗して作業を継続していた。

 

 航行を開始してしばらくすると、さまざまな兆候により、潜水艦の追尾を受けている恐れがあると信濃側では感じた。それは事実で、日付が変わった11290313分、アメリカ潜水艦アーチャーフィッシュは魚雷6本を発射。このうちの4本が信濃に命中した。命中個所は、右舷の艦中央やや前から艦尾にかけてである。

 

 もしも「信濃」が完全に完成しており、乗組員の訓練も終わっていたなら、沈没しなかったかもしれない。だが、まだ未完成だった同艦では浸水への完全な対応ができず、

 

 1057分、ついに沈没した。なお、信濃の艦歴は竣工から10日、初の出港から約17時間という短いものに終わった。

 

 かくして大和型戦艦の幻の3番艦は空母に姿を変えたうえ、世界の海軍史上もっとも短命な艦として、その生涯を終えたのだった。

 

KEYWORDS:

過去記事

白石 光しらいし ひかる

1969年、東京都生まれ。戦車、航空機、艦船などの兵器をはじめ、戦術、作戦に関する造詣も深い。主な著書に『図解マスター・戦車』(学研パブリック)、『真珠湾奇襲1941.12.8』(大日本絵画)など。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。