×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

終戦後、刑場の露と消えた私人・東條英機とは?

「歴史人」こぼれ話・第24回


生前、家族に対して、どんなに批判されても「言い訳をしてはならぬ」と言い含め、刑場の露と消えた東條英機。その人となりは、配慮の行き届いた人情家であったともいう。天皇が彼に信頼を寄せたのも、「駆け引きをしない真正直で裏表のない忠義の人」だったからともいわれる。私人として残されたその逸話とは?


 

自衛のための戦いであったと、最後まで信じていた東條英樹

 

関東軍参謀長、翌年陸軍次官となり、能吏ぶりを発揮して「かみそり東條」といわれていた。『歴代首相等写真』【憲政資料室収集文書1142】/国立国会図書館蔵

 東條英機といえば、日本を戦争に駆り立てた挙句、全土を焦土としてしまった人と見なされることが多いようである。流布する肖像写真までもが、軍国主義を象徴するかのような出で立ちであったことも、不評を買った一因であった。

 

 しかし、この東條英機への悪評に対して意を唱える声も、実は少なくない。その一人が、『東條英機 封印された真実』を著したノンフィクション作家の佐藤早苗氏である。同書によれば、彼はこの戦争が、東京裁判の検察側が主張するような「侵略戦争」ではなく、あくまでも自衛のための戦いであったと、最後まで信じていたというのだ。

 

 元凶は、むしろ資源封鎖による経済戦略にあり、持たざる国、つまり日本が窮地に追い込まれたため、資源獲得のために戦いに臨まざるを得なかったとも。

 

 東京裁判にしても、敗戦国の人間だけが罪に問われることにも納得がいかず、「法と正義に反する」ものと考えていたようだ。それでも裁判では保身のための擁護を一切せず、ひたすら国体の維持に努め、天皇に責任が及ばぬように配慮することに終始している。

 

 開戦を避けることができなかった責任は痛感しているが、それも自らが進んで戦いに望んだわけではなかった。それにもかかわらず、国民からこぞって目の敵とされたことには、忸怩たるものがあったのだろう。

 

東條の父は陸軍軍人東條英教で陸軍士官学校、陸軍大学校を卒業した第40代首相。『歴代首相等写真』【憲政資料室収集文書 1142】/国立国会図書館蔵

 その人となりに関しても、意外や、配慮の行き届いた人情家であったという。天皇が彼に信頼を寄せたのも、「駆け引きをしない真正直で裏表のない忠義の人」だったからともいわれる。国民が食べるものに困っていないかを探るため、行く先々でゴミ袋を開けて見たというのも、よく知られる逸話である。

 

 また、長男が生まれたばかりの頃は、夫婦揃って育児日記をつけるような人で、ドイツに駐在武官として単身赴任で3年間も赴いていた際には、妻にあてて144通も手紙を送るほど家族思いの人であったという。

 

 それでも結局、無念を心に秘めたまま、刑場の露と消えた。生前、家族に対して、どんなに批判されても「言い訳をしてはならぬ」と言い含めていたとか。100年後の歴史家が必ずや真相を語ってくれるものとの思いが、そう言わしめたというのだ。

 

KEYWORDS:

過去記事

藤井勝彦ふじい かつひこ

1955年大阪生まれ。歴史紀行作家・写真家。『日本神話の迷宮』『日本神話の謎を歩く』(天夢人)、『邪馬台国』『三国志合戰事典』『図解三国志』『図解ダーティヒロイン』(新紀元社)、『神々が宿る絶景100』(宝島社)、『写真で見る三国志』『世界遺産 富士山を行く!』『世界の国ぐに ビジュアル事典』(メイツ出版)、『中国の世界遺産』(JTBパブリッシング)など、日本および中国の古代史関連等の書籍を多数出版している。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。