×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

備中高松城の立地を利用した豊臣秀吉の「水攻め」

今月の歴史人 Part3


戦国時代の城の攻略法の中でも、リスクが高いことで知られる「水攻め」。羽柴(豊臣)秀吉は、その戦法を得意とした武将として知られている。秀吉はどのようなケースで水攻めを実践したのか、備中高松城の場合を例として紹介する。


 

立地条件を逆手に取って敵城を水没させる

 

高松城水攻めを描いた『赤松之城水責之図』。毛利氏配下の清水宗治と豊臣秀吉による備中松山城の戦いで、秀吉は水攻めを選択。左に描かれた本陣から、水に沈んだ敵城を眺めた様子を描いている。この後、秀吉は和議を結び中国大返しを行った。都立中央図書館特別文庫室蔵

 戦国時代の「水攻め」は2種類が存在した。ひとつ目は城内の水の手(取水口や井戸)を奪うなり、使用不能にするなどするもの。水は炊飯にも使うが、人間は食糧が無くても2週間以上は耐えられるといわれる。だが、飲用水が無ければ45日しか命を保つことができない。

 

 武田信玄が遠江国(とおとうみのくに)二俣城(ふたまたじょう)を落とすのに用いた戦法が、城下を流れる天竜川(てんりゅうがわ)に筏(いかだ)を大量に流して川水の取水口を破壊するというものだった。言わば、「水を断つ攻撃」だ。

 

 そして、もうひとつの「水攻め」が、城そのものを大量の水で孤立させるというもの。「水を満たす攻撃」と表現できる。

 

 この戦法を得意としたのが羽柴(豊臣)秀吉で、尾張国(のち美濃国)竹ヶ鼻(たけがはな)城攻め、武蔵国(むさしのくに)忍城(おしじょう)攻め、紀伊国太田城(きいのくにおおたじょう)攻めと何度も繰り返し採用している。中でも有名なのが備中国(びっちゅうのくに)高松城(たかまつじょう)攻めだ。

 

 天正10年(1562)秀吉は中国地方の覇者・毛利氏の前線拠点、備中高松城を3万の軍勢で包囲。城の様子を遠望してじっくりと観察した。平城を数年に渡って改修強化し、そのうえ城の三方は深田で、攻め寄せることができない」と分析すると、足守(あしもり)川・血吸川(ちすいがわ)の二本の河が流れる低湿地に囲まれている地形を逆手にとり「周囲に堅牢な堤を築き、川の水を導く水攻め」を決定した。

 

 彼はまず米63500石と銭635千貫を用意して周辺の農民たちから土俵(つちだわら)ひとつあたり米1升と銭100文で買い上げ、膨大な数の土俵を集めて、城の南に全長3km(一説に4km・12kmともいう)・高さ8m、底部の幅24m、上部の幅11mという大規模な堤防を完成(『武将感状記』『太閤記(たいこうき)』ほか)させた。堤防によって、足守川を堰()き止めると、梅雨のなか城の大半は湖中に没し、戦闘能力を失ってしまった。

 

 そして毛利家の援軍4万が到着しても、水が邪魔で城を救援できず、ついに64日、城将の清水宗治(しみずむねはる)が兵5千の命と引き換えに自害して城は降伏したのだった。

 

監修・文/橋場日月

『歴史人』5月号「決定!最強の城ランキング」より)

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。