×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

二階堂行政~鎌倉幕府の影の支配者である「二階堂氏」の始祖はどんな人物だったのか?~

『鎌倉殿の13人』主要人物列伝 第14回


時流に乗るとは、この男のことを言うのかもしれない。源頼朝との主従関係を足掛かりに、北条義時など時の支配者と良好な関係を構築。その子孫は地方の守護職も含め、大きな勢力を築いた。その始祖となった二階堂行政(にかいどう ゆきまさ)の人物像に迫る。


大江広元らと同じく朝廷に仕えた下級官僚であった二階堂行政。堅実な実務家として、鎌倉幕府黎明期をささえた1人。イラスト/宇野市之丞

 

 二階堂行政は、藤原南家・工藤氏の流れとされる。元来は「藤原」姓を名乗っていたが、狩野・工藤氏など東国在地領主の同族といわれ、父は工藤行遠(くどうゆきとお)といった。二階堂を名乗ったのは行政からであり、鎌倉・永福寺(2階建ての仏堂があったので、二階堂と呼ばれた)の周辺に邸宅を構えたことから二階堂を名乗るようになった。

 

 ここから始まった「二階堂氏」は、ねずみ算式に一族を増やし繁栄していく。その末流までを見ると、先ず、行政が頼朝に仕えて勢力を伸ばし、さらに執権であった北条家に仕える形で、政所執事(財政管理所の監督官)としてその勢力をさらに伸張していった。一族から信濃守・隠岐守なども出ている。政所執事は、行政以来世襲するが、この政所執事が二階堂氏の惣領の地位とされている。

 

 行政は、2代将軍・頼家の「合議機関13人」の1人である。行政の父・行遠が三河に住みながら尾張目代(国主代理)に任官しており遠江国司を殺害して尾張に流されたという。行政は、その時に尾張・熱田神宮大宮司・藤原季範(すえなり)の妹を母として生まれている。この大宮司藤原季範の娘が、頼朝の母であって、二階堂行政と頼朝の母親は従兄妹同士という間柄になる。

 

 大宮司・藤原家は鳥羽法皇・後白河天皇などに仕えた公卿であったが、この時点では東海地方における有力武士団の一角でもあった。そうした関係で、頼朝の父・義朝も行政の父・行遠も藤原氏と縁組みをしている。

 

  行政は、この大神宮家を媒介とする外戚関係から頼朝に加担し、登用された。武士ながら行政は、朝廷では主計允(かずえのじょう)・民部大夫に任官して実務に長けていた。頼朝にとっては、この行政のような実務能力の持ち主は重要であり、建久2年(1191)に政所執事を任命され、後に別当になっている。行政は、成立したばかりの鎌倉幕府の財政を掌握し、その役所(政所)の実質的な事務官・監督官として活動した。

 

 行政の実務能力は優れていて、頼朝没後も政所は行政とその一族(子や孫たち)によって運営された。そのためもあって、御家人同士の内紛などにも巻き込まれることなく、無事に役目をこなし、行政1人に始まった二階堂氏は鎌倉政権の中枢に地位を占めながら、最終的に一族は50流以上(子孫たちが50家以上)に分流している。これは北条得宗家に劣らない繁栄ぶりである。

 

 なお、武士としても文治5年(1189)奥州合戦では軍目付(いくさめつけ)として活躍している。

KEYWORDS:

過去記事

江宮 隆之えみや たかゆき

1948年生まれ、山梨県出身。中央大学法学部卒業後、山梨日日新聞入社。編制局長・論説委員長などを経て歴史作家として活躍。1989年『経清記』(新人物往来社)で第13回歴史文学賞、1995年『白磁の人』(河出書房新社)で第8回中村星湖文学賞を受賞。著書には『7人の主君を渡り歩いた男藤堂高虎という生き方』(KADOKAWA)、『昭和まで生きた「最後のお殿様」浅野長勲』(パンダ・パブリッシング)など多数ある。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。