×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

敗者の大坂の陣 大坂の陣を彩った真田信繁㊱

歴史研究最前線!#070

信繁の力を恐れるあまりその最期を疑っていた家康

信繁が戦死したといわれる安居神社(大阪市天王寺区)の参道。神社の裏手には、「真田の抜け穴」があったと伝えられている。

 前回の続きである。

 

 結局、家康の怒りは収まらず、信尹(のぶただ)には恩賞が与えられなかった。理由は、首が信繁のものか判別できなかったからである。

 

 ところが、これには別のエピソードが伝わっている。

 

 『武辺咄聞書』によると、西尾久作が信繁の首を獲ったとき、それが信繁のものと気付かなかったというのだ。

 

 合戦後、付近を通った真田信尹(信繁の叔父)が首を見て、信繁のものと気付いたという。これでは、前回と話が違っている。

 

 信尹が信繁の首であると気付いた理由は、真田家に代々伝来する鹿の角の兜が首についていたからであった。

 

 また、その首の口を開けると、前歯が2本欠けていた。信繁は前歯が欠けていたといわれているので、ようやく確信を得たということになろう。

 

 もっとも有名なのは、次の逸話であろう。

 

 久作が首を獲った後の首実検で、家康は労いの言葉をかけ、信繁の首を獲ったときの経緯を質問した。

 

 久作は信繁が激しく抵抗したので、ようやく信繁の首を討ち取ったと答えた。自分も怪我をしたと申し添えたので、苦労したことを強調したようである。

 

 家康は、早朝から信繁が戦っていたことを知っていたので、急に不機嫌になったという。疲れた信繁がそこまで動けないと思ったからだ。ただ家康は、「信繁が簡単に首を獲られるはずがない」と考え、久作に強い不信感を抱いたのである。

 

 家康と久作との面会については、さらに別の逸話がある。

 

 『落穂集』などによると、家康は信繁の首を見ると、前歯が欠けているか尋ねたという。首の前歯は欠けていると、久作は答えた。次に家康は、戦いの様子を質問したが、平伏した久作は黙ったままであった。

 

 とにかく家康は「良い首を獲った」と、久作に労いの言葉をかけた。その後、家康は「久作は信繁と戦わなかったのだろう」と側近の者に述べたという。久作は信繁が力尽きたとき、偶然にその場を通りかかり討ち取ったと思ったようだ。

 

 家康は、信繁ほどの男が久作などに討ち取られるはずはない、と非常に疑っていたようである。

 

 信繁が久作に討たれたのはたしかである。ただ、叔父・信尹ですら信繁の顔が判断できなかったことや、久作が討ち取ったことを疑うのは、信繁に生きていて欲しいと願ったからであろうか。

 

(続く)

 

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。