×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

敗者の大坂の陣 大坂の陣を彩った真田信繁㉛

歴史研究最前線!#065

信繁には7人の影武者が存在していた!?

大阪市天王寺区堀越町にある「四天王寺庚申堂」は大坂夏の陣の際に戦場となった。この地で真田十勇士の一人であり、穴山小助が亡くなったと伝わっている。

 前回の続きである。

 

 戦国時代の武将には、影武者が存在したといわれている。たとえば、甲斐の戦国大名・武田信玄には影武者がいたというが、実際には詳しいことまでわかっていない。

 

 そもそも、仮に影武者が存在したとしても、機密漏洩を防ぐ意味で、影武者だった人物の詳細な情報が分かるはずがない。

 

 信繁には、三浦新兵衛国英、山田舎人友宗、木村助五郎公守、伊藤団右衛門継基、林源次郎寛高、斑鳩(鵤)幸右衛門祐貞、望月六郎兵衛村雄の7人の影武者が存在したといわれている。

 

 信繁は彼らに家臣や鉄砲を与え、真田家の旗印の六文銭の甲冑を着せるなどしていた。戦場では遠いところからしか見えないので、本人かどうかはわからなかったであろう。

 

 影武者は、信繁と背格好がおおむね似ていれば、それで事足りたと考えられる。むろん。整形手術などはなかった時代である。

 

 ちなみに、影武者に関しては、次のような狂句が残っている。

 

「影武者を 銭の数ほど 出して見せ」

 

 銭の数というのは、真田家の旗印の六文銭を意味していると考えられる。つまり、信繁の影武者は、6人もいたということになろうか(先に取り上げたのは7人)。

 

 普通、せいぜい影武者は1人か2人しかいなかったのだろうが、信繁には多くの影武者が存在したので、六文銭にちなんで、このような狂句が詠まれたのだろう。

 

 信繁の影武者としては、御宿勘兵衛のエピソードがよく知られている。それは『真田三代記』などの編纂物に書かれたものである。

 

 大坂の陣がはじまろうとすると、牢人であった勘兵衛は大野治長の配下に加わった。勘兵衛は後藤又兵衛とともに、豊臣方の牢人で武将らしい人物であると、家康に言わしめた豪傑でもある。

 

(続く)

 

 

 

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 2021年10月号

秘密のしきたり、序列、給料、床入り、事件…徹底解明

江戸時代の象徴であった「江戸城」と「大奥」とは何だったのか─ 徳川家康から15代続いた江戸幕府。その象徴は江戸城であった。そこは将軍が大名と謁見する「表」、将軍の生活の場であり、多数の役人たちが公務を行う「中奥」、将軍の正室が居住する「大奥」が存在した。今回の特集は、知られざる将軍の日常生活、諸大名との公式行事から、大奥女性の生活、さらに幻の4代目江戸城天守の実態まで、最新研究でわかった江戸城、将軍、大奥のすべてを明らかにする。