×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

「鎌倉殿の13人」を構成した御家人たちを紹介【前編】~北条義時とはいかなる人物なのか⁉~

今月の歴史人 Part.2


 三谷幸喜が手掛けることで注目を浴びる2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。華やかで、熾烈な戦いが繰り広げられた源平合戦、それを制し、鎌倉幕府を誕生させた源頼朝。そして、その後も繰り広げられた権力の座を巡る男たち女たちの駆け引き──。その中心にいたのが、頼朝亡き後、幕府を支えた13人の忠臣たちであった。2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は源頼朝の死後に発足した宿老による談合体制である『13人の合議制』を構成した御家人たちの活躍を中心に、そのうちの一人である北条義時を主人公に描かれる物語である。今回から2回に渡り、『13人の合議制』を構成した御家人たちを紹介していく。


 

北条時政(ほうじょう ときまさ)

『武者鑑』/国立国会図書館蔵

 保延4年(1138)生まれ。桓武平氏で源頼義の岳父直系の子孫。伊豆国在庁官人。公卿・吉田経房や知行国主・源頼政と政治的関係を有す。伊東祐親のもとを逃れた頼朝を庇護。そのまま頼朝を女婿に迎え、幕府の樹立を支援した。

 

中原親能(なかはら ちかよし)

 明法道の家系中原広季の子で、 大江広元とは兄弟。幼時に相模国で養育されて成人し、頼朝の「年来の知音」であったという。頼朝の代官として公家との交渉に活躍した。

 

北条義時(ほうじょう よしとき)

『武者鑑』/国立国会図書館蔵

 長寛元年(1163)生まれ。母は「伊東入道」とする説も。父 時政とともに頼朝挙兵を助け、石橋山で兄 宗時死後は嫡男となる。 平氏追討に参戦。二代執権となる。

 

比企能員(ひき よしかず)

『武者鑑』/国立国会図書館蔵

 源頼朝の乳母である比企尼の甥で、のちに養子となる。 頼家の乳母父となり、娘の若狭局が頼家の側室となって嫡子 一幡を産んだ事から権勢を強めた。

 

安達盛長(あだち もりなが)

『梟古十種』/松平定信編/国立国会図書館蔵

 比企尼の娘婿として頼朝に仕える。治承4年頼朝挙兵に従い、使者として各地の関東武士の糾合に活躍。石橋山の戦いの後、 頼朝とともに安房国に逃れる。その際、下総国の大豪族である千葉常胤を説得して味方につけた

 

足立遠元(あだち とおもと)

 平治の乱で源義朝の陣に従い、源義平率いる17騎として戦った。頼朝が下総国から武蔵国に入った際に豊島清元・葛西清重父子らと共に武蔵武士で最初に迎えに参上。 武蔵国足立郡を本領安堵された。

 

三善康信(みよし やすのぶ)

 母が源頼朝の乳母の妹で伊豆にい た頼朝に月に3度京都の情勢を知らせていた。治承4年の以仁王の挙兵の2ヶ月後、頼朝に諸国に源氏追討の計画が出されているので奥州へ逃げるように伝える。

 

次回へ続く──

『歴史人』2021年7月号 「源頼朝と鎌倉幕府の真実」より)

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2021年8月号

保存版特集【日米開戦80年目の真実】

建艦競争から軍縮会議、そして日米開戦…なぜ太平洋戦争は回避できなかったのか? ――米英ソが描いた世界大戦への謀略―― 真珠湾奇襲攻撃から米軍に反攻を許したミッドウェー海戦・インパール作戦、 日本軍最後の決戦硫黄島・沖縄戦、そして本土空爆・ポツダム宣言・玉音放送まで 太平洋戦争のすべてがわかる一冊!