×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

立ち入り禁止‼ 発掘も許されない、秘められた天皇陵の内部に迫る~盗掘の記録~

かつては9割の天皇陵が盗掘に遭っていた

盗掘の記録が残る天皇陵、かつては9割が盗掘被害に遭っていた
~盗掘された天皇陵の記録~

 

 

 神聖不可侵な天皇陵は長い歴史の中で「盗掘」によって、わずかながらその内部の様子を知れることがあった。今回は「盗掘」の記録とその顛末を明かす。

 

 

推古天皇陵

 

 

【1060年頃盗掘】平安時代の歴史書『扶桑略記』に「康平3年6月2日、盗人が推古天皇の山陵墓を暴いた旨の言上があった」と記述があるが、被害詳細は不明である。

 

 

成務天皇陵

 

 

【1063年、1844年、1854年】1063年の盗掘は『扶桑略記』に記述があり、興福寺の僧たちによるもの。宝物を略奪されたが、犯人たちは捕まり、宝物は返却されたという。

 

 

天武・持統天皇陵

 

 

【1235年盗掘】盗掘の検分録『阿不幾乃山陵記』の記述には、石室内部の様子や棺、遺骨、副葬品の状況が詳しく記され、石室が2部屋に分かれ金銅製の扉であることなどが判明。

 

 

今城塚古墳

 

 

【1288年盗掘】「真の継体天皇陵」と見られる古墳。西園寺公衝の日記には「盗掘犯が捕まり、鍵などが押収された」とあり、内部の実況見分記録が残されたという。 

 

 

垂仁天皇陵

 

 

【1849年盗掘】盗掘犯たちが1.8メートルほど掘ったところ、朽木と石棺のみが見つかったという。埋葬施設が竪穴式石室に長持形石棺であることが推定された。

 

 

仁徳天皇陵

 

 

【1872年に盗掘】堺県令(現在の知事に相当)税所篤が清掃の名を借りて意図的に盗掘を行った、とする説があり、このとき石室が発見され、甲冑やガラス皿が出土したという。

 

 

履中天皇陵

 

 

【1986年盗掘】昭和61年に考古学ファンの大学生がゴムボートで堀を渡り、前方部を掘り、埴輪などを持ち出した。「考古資料を手に入れたかった」という動機だった。

 

 

日葉酢媛陵

 

 

【1916年盗掘】12代景行天皇の母・日葉酢媛の陵墓。大正5年6月、5名の盗掘犯が勾玉、管玉、鍵など46点を盗み出した。犯人いわく、石棺外に金冠があったという。

 

 

 

監修・文/安本美典

(『歴史人』2021年6月号 「いまさら聞けない! 古代天皇と古墳の謎」より)

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2021年10月号

秘密のしきたり、序列、給料、床入り、事件…徹底解明

江戸時代の象徴であった「江戸城」と「大奥」とは何だったのか─ 徳川家康から15代続いた江戸幕府。その象徴は江戸城であった。そこは将軍が大名と謁見する「表」、将軍の生活の場であり、多数の役人たちが公務を行う「中奥」、将軍の正室が居住する「大奥」が存在した。今回の特集は、知られざる将軍の日常生活、諸大名との公式行事から、大奥女性の生活、さらに幻の4代目江戸城天守の実態まで、最新研究でわかった江戸城、将軍、大奥のすべてを明らかにする。