×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

聖徳太子の外交戦略 〜 隋に門前払いされた屈辱を短期間で見事に挽回

[入門]古墳と文献史学から読み解く!大王・豪族の古代史 #027

対等の立場を明確にした国書を届けた小野妹子

明日香村飛鳥寺本尊飛鳥大仏/柏木宏之撮影

 『隋書』にしか残されていない記録によると西暦600年に倭国は第1回遣隋使を送っていますが、大失敗に終わったようです。

 

 推古朝の政治を任された厩戸皇子(うまやとのみこ=聖徳太子)と大臣(おおおみ)蘇我馬子は、焦眉(しょうび)の急だった大国隋との国交樹立を成功させるべく国内の改革を急ぎ進めます。

 

 まず隋に指摘された近代的な官僚制度を603年に形作ります。これが冠位十二階です。

 

 そして翌年の604年に十七条憲法を発布します。これも、隋に明文法の無いような蛮国だと指摘されたことへの対応でしょう。

 

 さらに完成した飛鳥の法興寺に鋳造した丈六仏(じょうろくぶつ)、すなわち飛鳥大仏を据え付けます。飛鳥大仏の完成時期には諸説ありますが、私は中金堂に設置できる事を見込んで607年に小野妹子を正使とした遣隋使を出発させたのだと考えています。

 

 「日出処の天子、日没する処の天子に書をいたす。恙なきや云々」

 

 という大国隋の煬帝(ようだい)と対等の立場を明確にした国書を小野妹子に持たせたのはこの時でした。

 

 当然隋の煬帝は激怒します。それは「天子はこの世に我一人である!蛮国の首長が天子を称するとは何事か!」という怒りです。

 

 激怒したものの高句麗攻めを企図していた隋は、倭国と国交を結ぶ決断をします。

 

裴世清を四天王寺と小懇田宮で迎える

 

 煬帝は裴世清(はいせいせい)という外国使節の接待長官を答礼使として送り、当時の東アジアの序列と秩序を倭国に教えようとしました。

 

 「世界の礼儀を知らない野蛮な倭国に行くのだ」という認識で渡海してきた裴世清一行が当時の国際港である難波津に西側から近づくと、東の陸地の高台にキラキラと甍が輝く大きな寺が見えてきます。四天王寺です。南北に長い伽藍(がらん)配置の四天王寺は海上からは実際以上に大きく立派に見えたでしょう。

 

 何日も続く大仰な歓迎会のあと、川を遡って海石榴市(つばいち)に案内された裴世清一行は、美しく飾られた何十頭もの飾り馬の行列に迎えられて、首都の飛鳥へ向かいます。

 

 高台から飛鳥の都を見下ろした一行の目に飛び込んできたのは、一塔三金堂の広大な寺域を誇る法興寺でした。寺に案内された一行は、飛鳥大仏の大きさと精緻(せいち)さに驚きます。

 

「これは想像していたような蛮国ではなかった!」と裴世清は思ったでしょう。

 

 そして、新築間もない小懇田宮(おはりだのみや)に通されたのです。

 

 こう再現してみると、一度は門前払いをされた屈辱を短期間で見事に挽回したと思われてなりません。すべては厩戸皇子の思う壺に進んだと思えます。

 

 厩戸皇子とは、とんでもない大戦略家であり国際政治に長けた人だったといえるでしょう。

KEYWORDS:

過去記事

柏木 宏之(かしわぎ ひろゆき)
柏木 宏之かしわぎ ひろゆき

1958年生まれ。関西外国語大学スペイン語学科卒業。1983年から現在も毎日放送アナウンサー、ニュース、演芸、バラエティ、情報、ワイドショー、ラジオパーソナリティ、歴史番組を数多く担当。現在、アナウンサーを続けながら武庫川学院文学部非常勤講師、社会人歴史研究会「まほろば総研」を主宰。奈良大学通信教育部文化財歴史学科卒業学芸員資格取得。専門分野は古代史。奈良大学卒論は「日本列島における時刻の掌握と報知の変遷」

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。