×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

敗者の大坂の陣 大坂の陣を彩った真田信繁②

歴史研究最前線!#036

「信繁」よりも世に認知されている「幸村」の名は俗称にすぎない

大坂夏の陣で、真田信繁(幸村)が討死したと伝わる安居神社(大阪府大阪市天王寺区)境内内にある銅像。

 前回の続きである。

 

 信繁の外見であるが、大坂の陣のときには、44~45歳くらいの年齢に見えたという。体格は小柄であり、額には2、3寸(6~9センチメートル)の傷があったといわれている(『長澤聞書』)。外見には、際立った大きな特徴がなかったようである。ごく普通の男だったようだ。

 

 つまり、英雄としての信繁の外見は非常に地味であり、あまりにインパクトが弱いようである。

 

 もう一つの重要なポイントとして、名前が「幸村」か「信繁」のいずれが正しいかという問題がある。これまで、真田幸村に関する本のほとんどは、「信繁」でなく「幸村」と記されてきた。

 

 実は、かなり以前から「信繁」が正しいと指摘されてきたが、未だ定着していない。その点について、もう少し考えることにしよう。

 

 寛文12年(1672)に『難波戦記』という大坂の陣を描いた物語が刊行され、そこで「信繁」でなく「幸村」という名前が用いられた。同書で使用されたのが、初めてであるといわれている。

 

 すると、「幸村」の名が一般庶民の間に一気に広まったといわれている。以後、「幸村」という名前は似たような軍記物語で使用されるようになり、やがて講談師が信繁の活躍を講談でしゃべるようになった。

 

 参考までにいうと、江戸幕府が編纂した『寛政重修諸家譜』をはじめ、真田家の系図類にも、「幸村」と書かれていることが多い。つまり、江戸幕府によって、公的なお墨付きが与えられた印象が残る。

 

 ただし、実際の信繁(幸村)の書状を確認すると、「信繁」という署名が用いられている。残念ながら、「幸村」と署名されたものは確認できない。つまり、「幸村」は二次史料で用いられるに過ぎないのである。

 

 ところが、すでに「幸村」という名前で浸透しているので、「信繁」と書くと普通の人にはわからないことがある。したがって、書籍のタイトルなどには「幸村」が用いられてきたのはたしかだ。

 

 今になってから「『幸村』は間違いであり、信繁が正確である」と言っても、なかなか理解を得難いのが現状である。しかし、「幸村」いう呼称は、やはり俗称に過ぎないので、その点はしっかり確認しておきたい。

 

(続く)

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。