×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

真田「幸村」と「信繁」、どちらの名が正しいのか?

歴史研究最前線!#036 敗者の大坂の陣 大坂の陣を彩った真田信繁②

「信繁」よりも世に認知されている「幸村」の名は俗称にすぎない

大坂夏の陣で、真田信繁(幸村)が討死したと伝わる安居神社(大阪府大阪市天王寺区)境内内にある銅像。

 真田信繁の外見であるが、大坂の陣のときには、44~45歳くらいの年齢に見えたという。体格は小柄であり、額には2、3寸(6~9センチメートル)の傷があったといわれている(『長澤聞書』)。外見には、際立った大きな特徴がなかったようである。ごく普通の男性だったようだ。

 

 つまり、英雄としての信繁の外見は非常に地味であり、あまりにインパクトが弱いようである。

 

 もう一つの重要なポイントとして、名前が「幸村」か「信繁」のいずれが正しいかという問題がある。これまで、真田幸村に関する本のほとんどでは、「信繁」でなく「幸村」と記されてきた。

 

 実は、かなり以前から「信繁」が正しいと指摘されてきたが、未だ定着していない。その点について、もう少し考えることにしよう。

 

 寛文12年(1672)に『難波戦記』という大坂の陣を描いた物語が刊行され、そこで「信繁」でなく「幸村」という名前が用いられた。同書で使用されたのが、初めてであるといわれている。

 

 すると、「幸村」の名が一般庶民の間に一気に広まったといわれている。以後、「幸村」という名前は似たような軍記物語で使用されるようになり、やがて講談師が信繁の活躍を講談でしゃべるようになった。

 

 参考までにいうと、江戸幕府が編纂した『寛政重修諸家譜』をはじめ、真田家の系図類にも、「幸村」と書かれていることが多い。つまり、江戸幕府によって、公的なお墨付きが与えられたような印象が残る。

 

 ただし、実際の信繁(幸村)の書状を確認すると、「信繁」という署名が用いられている。残念ながら、「幸村」と署名されたものは確認できない。つまり、「幸村」は二次史料で用いられているに過ぎないのである。

 

 ところが、すでに「幸村」という名前で浸透しているので、「信繁」と書くと普通の人にはわからないことがある。したがって、書籍のタイトルなどには「幸村」が用いられてきたのはたしかだ。

 

 今になってから「『幸村』は間違いであり、信繁が正確である」と言っても、なかなか理解を得難いのが現状である。しかし、「幸村」いう呼称は、やはり俗称に過ぎないので、その点はしっかり確認しておきたい。

 

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 2022年12月号

承久の乱のすべてがわかる! 歴史人編集部

いよいよ終盤に突入するNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。  12月号では「承久の乱」を徹底解説。なぜ後鳥羽上皇は、鎌倉幕府を討つことを決めたのか? また、北条義時はどう動いたのか? そして、この戦いの意義とはなんだったのか? その真実に迫る。また日本の2分したこの戦いの後、100年以上続く鎌倉幕府と北条家はその後どうなったのか? 13人の御家人たちの血脈はどうなったのか?「その後」を追う。  そのほか、北条氏と盟友だった三浦氏が戦った「宝治合戦」、北条家の内紛「二月騒動」、鎌倉最大の危機「蒙古襲来」、そして鎌倉幕府と北条家の終焉までを徹底解説する!