×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

「神になろうとした信長」――「天下人の死生観」こぼれ話

「歴史人」こぼれ話・第7回

信長の偏った宗門政策の実態と意図

信長は法華宗と浄土宗の宗論では法華宗を負けとした。『絵本太閤記』/上田市上田図書館花月文庫蔵

 信長の宗教政策は、極めて残忍なものであるが、そこには信長らしい実利的な意図と夢想があった。天台宗の比叡山全山を焼き討ちして3000人余を惨殺したのは、延暦寺の僧兵を排除して、その寺領を支配するためである。

信長軍が駆け上がったであろう比叡山延暦寺 登山道

 安土宗論(あづちしゅうろん)をいわれる浄土宗と法華宗(日蓮宗)との論争を勝手に設定して、一方的に法華宗を負けとしたのは、京都の町衆の多くが法華宗の信者であったからだ。町衆から黄金2600枚を献上させて、京都の宗教と経済を支配することに成功している。

 

 真言宗では、和泉の槙尾寺(まきのおでら)が検地に応じなかったとして焼き討ちにし、諸国を遊行する高野聖数百人を惨殺して、高野山の寺領と僧兵の動きを封じている。

 

 一向宗(浄土真宗)の石山本願寺を攻撃し続けたのは、本願寺が持っている生産力と流通力を掌握するためであり、その寺地(後の大坂城)が欲しかったからである。信長は、門徒がいる伊勢長島で2人を殺し、越前では1万2000人を虐殺している。

 

 信長は宗教勢力を否定して一掃を図ったが、その代わりに求めたのが、キリスト教の信仰構造であった。信長は自身を天主(デウス)として、「自らが神体であり、生きた神仏である」と宣言する。信長を信じて拝めば、万人が幸福になれる、と安土城下にある摠見寺(そうけんじ)に祀られた信長の神体(ボンサンという石)に参拝することを強要した。ボンサンの周囲には、多数の仏像が集められていた。信長の神体を仏像に拝ませるためである(ルイス・フロイス)。

 

 信長は日本の神仏を否定することで、自らを「神」として日本は勿論、世界に君臨することを望んだのである。これに危惧を抱いたのが朝廷であり、明智光秀であった。

 

 死後、信長は「神」として祀られることはなかったが、豊臣秀吉と徳川家康は「明神」「権現」と諡号(しごう)が贈られて神仏として祀られたから、信長の「神」志向は多少の影響があったことになる。

 

江戸時代に再建された比叡山延暦寺 にない堂 渡廊下

KEYWORDS:

過去記事

武田鏡村たけだ きょうそん

新潟県生まれ。日本歴史宗教研究所所長。『戦国武将の名言に学ぶ』(創元社)、『本願寺と天下人の50年戦争 信長・秀吉・家康との戦い』(学研新書プラスコム)、『良寛のすべて』編 (新人物往来社)、『薩長史観の正体 歴史の偽装を暴き、真実を取り戻す』(東洋経済新報社)他多数。

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。