×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

伏見(ふしみ)城攻め1600年<その3>~20倍以上の兵力と渡り合った籠城の瓦解(がかい)

戦国武将の城攻め【解体新書】#027

開城勧告を受けた元忠が拒否、西軍は士気ふるわず

 

甲賀衆の内応者が火をつけた CG/成瀬京司

 

 7月18日に石田三成(みつなり)方から開城勧告を受けた鳥居元忠(もとただ)がこれを拒否すると、次の日に早くも城は三成方3万の大軍の包囲を受けた。

 

 兵を率いるのは、宇喜多秀家(うきたひでいえ)以下、小早川秀秋(こばやかわひであき)・島津義弘(しまづよしひろ)といった諸将である。西軍では、伏見城と丹後田辺(たんごたなべ)城、近江大津(おうみおおつ)城など近畿の東軍方の重要拠点を攻めて足場を固め、士気を高めようという基本戦略をとったのだ。

 

 続いて23日、毛利秀元(もうりひでもと)1万の軍勢もこれに合流したが、3日後に近江に転進している。この間、城は落ちない。

 

 それもそのはずで、攻撃側の副将格・小早川秀秋が事前に「伏見城に入ってともに戦いたい」と元忠に申し入れていたり、島津義弘も「家康殿から頼まれていた」と同じく入城を申し入れていたことでもわかるように、西軍の士気はふるわず、互いに疑心暗鬼だったからだ。みな、横の味方の模様を眺めながらワァワァと空の気勢をあげ、鉄砲を適当に撃つに過ぎない。

 

 対する元忠らは、家康から

 

「伏見城には銃弾の蓄えは少ないが、金銀はいくらでもある。いざとなればそれを鋳(い)つぶして弾丸にし、撃ち放せ」

 

 とまで言い置かれ、決死の覚悟に燃えていたから、簡単に城が落ちるはずもなかった。

 

 だが、三成が督戦に訪れた29日を境に、西軍の目の色は変わる。三成は

 

「武名の汚れになるぞ」

 

 と彼らのプライドに訴えたのである。

 

(次回に続く)

KEYWORDS:

過去記事

橋場日月(はしばあきら)
橋場日月はしばあきら

大阪府出身。古文書などの史料を駆使した独自のアプローチで、新たな史観を浮き彫りにする研究家兼作家。主な著作に『戦国武将の必勝マネー術』(講談社)、『戦国武将の兄弟姉妹たち』(辰巳出版)、『戦略は日本史から学べ』(クロスメディア・パブリッシング)など。

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。