×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

寄席で男たちを魅了した娘義太夫(むすめぎだゆう)─見た目は美少年、中身は女の誘惑─

江戸の性職業 #023

■美少年の魅力で男性客を惹きつけた

 

図1 高座で演じる娘義太夫、国際日本文化研究センター

 人形浄瑠璃(文楽)は、男の太夫が浄瑠璃の義太夫節(ぎだゆうぶし)を語り、三味線弾きが三味線を弾き、人形遣いが人形を操作する。

 

 人形を登場させるため、人形浄瑠璃を演じるには大きな舞台が必要となる。

 

 いっぽう、寄席などでは、人形なしで、浄瑠璃と三味線だけのことがあった。つまり、太夫が義太夫を語り、三味線弾きが三味線を弾く。

 

 さて、義太夫を語る太夫は本来、男である。

 

 ところが、享和・文化(1801~18)ころ、義太夫を語る若い女が寄席に出るようになり、人気を博した。これを、娘義太夫や、女義太夫と言った。

 

 図1は、高座で演じる娘義太夫の光景である。時代は明治初期だが、風俗などは江戸時代と基本的には同じと見てよい。

 

 ふたりとも女だが、裃(かみしも)を着て、男のいでたちをしている。また、ここに人気の理由があった。

 

 江戸時代後期の天保(1830~44)になると、娘義太夫の人気は高まった。娘義太夫を目当てに男たちが詰めかけ、寄席は満員になるほどだった。

 

 ひいき客は、美人の義太夫語りを宴席に呼んで酒の相手をさせ、気前よく祝儀を渡す。

 

 客の中には、寄席の席亭にそっと依頼する者もいた。

 

「あの女としっぽり濡れてみたい。金に糸目はつけないから、手配してくれ」

 

 やがて、金さえ払えば、娘義太夫の女が男と寝るのは当たり前になった。

 

 かくして、娘義太夫の芸人はセックスワーカーになったのである。

 

 ところで、娘義太夫の芸人は男の格好をしている。つまり、美少年の魅力であろう。ところが、寝床では女である。

 

 一種の倒錯の魅力を持ったセックスワーカーといえようか。

 

図2『春色梅暦』(為永春水著、天保4年)、国会図書館蔵

  図2は、画中に「竹蝶吉、お屋敷へ召さるる図」とある。

 

 娘義太夫の竹蝶吉(たけ・ちょうきち)が、武家屋敷に招かれ、供を連れて出向くところである。

 

 蝶吉と名乗り、髪は若衆髷(わかしゅわげ)に結っているので、美少年に見える。

 

 しかし、実体は女である。「男装の麗人」といおうか。

 

 招いた武士は、義太夫を堪能したあと、蝶吉と倒錯の性を享楽するつもりなのだ。

図3『春色梅暦』(為永春水著、天保4年)、国会図書館蔵

 図3は、書物を読む際に用いる見台の側に立つ竹長(蝶)吉を描いている。外見は美少年だが、女である。

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 11月号

戦国武将の国盗り変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで戦国史を地図で読み解く