×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

男色専門の男娼「陰間」のお仕事 第3回~出身地で決まる陰間の格~

江戸の性職業 #020

■陰間の「高級」と「野卑」の分かれ目とは?

図1『江戸男色細見』、国会図書館蔵

 図1は、陰間が若い者に先導されて、料理屋に向かう所である。前回の記事の哥菊と千代菊も、このようないでたちだったに違いない。

 

 陰間は幼いころ、貧しい親に売られ、陰間茶屋に連れられてきた者が多かった。事実上の人身売買であり、実態は遊女と同じだった。

 

 また、陰間の世界では、関東出身は野卑であるとして、上方から下ってきた少年が高級とされた。

 

 そのため、実際は関東出身でも、「下り」や「新下り」と称して売り出すのが通例だった。

 

 前回、参照した春本『天野浮橋』では、料理屋の女将が、千代菊を「下り子」と称していた。要するに、上方出身だといって推薦していることになろう。

 

 同じく、『天野浮橋』に、陰間の哥菊が、客で住職の学心に嘆く場面がある。わかりやすくするため、一部書き直した。

 

「遊女は馴染みになると、請け出して一生、夫婦になる。陰間は年を取ると、おちんこも大きくなり、毛が生えて、尻が痛くなる。わずか四、五年の間。先を考えてみれば心細いもので、親や親類は上方にて、十三の歳、別れ、下りしより音も便りもなし。年明けても国へは帰られず、西を見ても東を見ても他人の中」

 

 哥菊も上方の生まれで、十三歳の時に売られ、江戸に連れてこられようだ。

 

 ただし、遊女の身の上話があてにならないのと同じで、陰間の身の上話も必ずしも信用はできない。

 

 もしかしたら、哥菊も実際は関東出身かもしれなかった。

 

 陰間と客の男の性行為を描いた春画は少なくないが、そうした春画の書入れの陰間のセリフを読むと、奇妙な上方弁をしゃべっている。

 

 つまり、絵師は暗に、

 

「この陰間が上方からの下りというのは嘘で、本当は関東出身なのですよ」

 

 と、皮肉っていることになろう。

 

 関東出身の陰間が、上方出身を自称しているのは、当時の常識だったことがわかる。

 

図2『絵本吾妻抉』(北尾重政、寛政9年)、国会図書館蔵

 図2は、芳町の料理屋。

 

 階段にいるのが、呼ばれてきた陰間で、二階座敷の客の元に向かうところである。

 

 荷物をかついでいるのは、陰間茶屋の若い者であろう。

 

 台所では、宴席に出す料理の用意をしている。

(続く)

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 10月号

日本史の偉人200

日本史の偉人たちは、国難や危機をどのように乗り越えてきたのか?