×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

男色専門の男娼「陰間」のお仕事 第1回~江戸の街に散在した陰間茶屋~

江戸の性職業 #018

■当時としても高額だった「陰間」の揚代

図1『艶本葉男婦舞喜』(喜多川歌麿、享和2年)

 陰間は、男色専門の男娼である。男の相手をする、男のセックスワーカーといってもよかろう。

 

 陰間を置いているのが、陰間茶屋である。

 

 江戸時代の中期ごろまで、陰間茶屋は各地に散在していたが、後期になると、芝神明(現在の港区の芝大神宮)の門前、湯島天神の門前、芳町(現在の中央区日本橋人形町のあたり)に集まった。

 

 芝神明門前、湯島天神門前、芳町は、江戸の三大男色地帯といえよう。

 

 図1は、芳町の陰間である。

 

 画中に「芳潮の若衆」とあるが、芳潮は芳町のこと。

 

 また、若衆(わかしゅ)には多様な意味があり、一般に美少年のことだが、陰間を意味することもある。また、男色の相手をそう呼ぶこともあった。

 

 ともあれ、図1は享和(180104)ころの芳町の陰間の風俗と見てよいであろう。

 

 ところで、陰間茶屋は陰間を置いているだけで、客はあげなかった。

 

 陰間と遊びたい客は、いったん料理屋にあがり、女中などに頼んで陰間茶屋から陰間を呼び寄せた。

 

 床入りするのは、料理屋の奥座敷である。いわば、デリヘル(デリバリーヘルス)方式だった。

 

 陰間茶屋は、管理事務所兼陰間の独身寮といえよう。

 

 客にしてみれば、料理屋で酒や料理を楽しんだあと、奥座敷の寝床で陰間と享楽できたわけだが、当然、負担は大きくなった。

 

 そもそも、陰間の揚代(料金)は、一般的な遊女よりも高かった。戯作『真女意題』(禰宜天竺唐人著、安永十年)に、

 

「陰間は女郎より南鐐一ッ片高い」

 

 という意味のことが書かれている。

 

 陰間の方が遊女より、南鐐(なんりょう)二朱銀のぶんだけ高い、という意味である。

 

 『男色細見 三の朝』(平賀源内著、明和五年)によると、芳町では昼四切、夜四切にして、つまり昼間を四等分、夜間を四等分して、一ト切(約三時間)が金百疋(金一分)だった。

 

 金一分の揚代に、酒食の代金と座敷代が加算されるのだから、かなり高くついた。

 

 戯作『東海道中膝栗毛』(十返舎一九著、文化六年)に、こんな場面がある。

 

 小田原の宿屋で、喜多八が五右衛門風呂の釜を踏み抜いてしまい、詫びとして金二朱を払う羽目になった。

 

 しょんぼりしている喜多八に、弥次郎兵衛がこうなぐさめる――

 

「釜を抜いて二朱では安い。芳町に行ってみや、そんなこっちゃねえ」

 

「釜」には、肛門の意味があった。転じて、男色も意味した。

 

 また、「釜を抜く」は、肛門性交を意味した。

 

 たしかに、芳町の陰間の揚代は金一分(四朱に相当)だがら、二朱ではやすい。

 

 とはいえ、下品な冗談である。

 

 では、なぜ陰間の方が遊女よりも揚代が高かったのであろうか。

 

                              (続く)

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 11月号

戦国武将の国盗り変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで戦国史を地図で読み解く