×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

男色専門の男娼「陰間」のお仕事 第5回~陰間茶屋に売られた少年たちの悲哀~

江戸の性職業 #022

■副業で体を売っていた若手の歌舞伎役者

図1『女貞訓下所文庫』(月岡雪鼎、明和5年頃)国際日本文化研究センター蔵

 若手の歌舞伎役者は、副業で陰間をすることが多かった。こうした役者の陰間を、舞台子(ぶたいこ)といった。

 

 図1は画中に「舞台子の図」と記されている。

 

 現在でも、舞台だけでは生活できないため、各種のアルバイトをしている役者は珍しくない。

 

 江戸の役者はアルバイトで、舞台子というセックスワーカーをしていたと言ってもよかろう。

 

『男色大鑑』(井原西鶴著、貞享4年)に、大坂の歌舞伎界の状況として――

 

 とかく合点する夜の客さえあれば、質は置かずに年はとるなり。

 

 ――とある。

 

 華やかな世界であっても、貧乏な若い役者はたくさんいた。だが、そんな役者でも舞台子として金持ちの男をつかめば、質屋通いをしなくても安心して年越しができたのである。

 

図2『女大学宝開』(月岡雪鼎、宝暦年間)国際日本文化研究センター蔵

 安永・天明期の江戸歌舞伎の名優、初代中村仲蔵の回想録『月雪花寝物語』には、仲蔵が若いころ、舞台子をしていたことが赤裸々に記されている。

 

 同書によると、仲蔵は金持ちのひいき客に呼ばれ、男色の関係を結んだことがあった。それを知った兄弟子が嫉妬し、相弟子四人と共謀して、五人で仲蔵を輪姦した。これについて――

 

 此時はむねんに御座候

 

――と、仲蔵は述懐している。

 

 また、『当代江戸百化物』(馬場文耕著、宝暦8年)によると、越後新発田藩の七代藩主溝口直温(なおあつ)は男色が好きで、若いころの役者の二世瀬川菊之丞を寵愛し、大金をつぎ込んだという。

 

 ところで、陰間は前髪が命といわれた。そのため、陰間は何歳になっても月代(さかやき)を剃らなかった。

 

 図1で、舞台子が頭にのせているのは、紫縮緬(むらさきちりめん)で作った野郎帽子。紫帽子とも呼ばれた。これで、月代を隠したのである。

 

 図2は、下になっている男は野郎帽子をしているので、舞台子とわかる。上になった客の男は、こう言っている――

 

「気のゆくときは、なお可愛いぞ」

 

「気のゆく」は、快感の絶頂のことである。

 

 陰間の中で、舞台子が大きな位置を占めていた。

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 11月号

戦国武将の国盗り変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで戦国史を地図で読み解く