×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

Ifの信長史 第10回~伊達ら東北勢を降し天下布武の覇業へ~

阿武隈川と逢瀬川の三角洲で東北勢を降す

一大攻防戦の終盤に起きた異変

清正らを降す信長 イラスト/佐藤正

「なんという為体じゃ」

 

 怒髪天を衝いた信長はみずから軍馬を押し出し、翌年の晩春、北を指した。先鋒となったのは嫡男信忠で、本軍には直子の息子信正もいる。村井貞勝の嫡男貞成は京都所司代であったがやはり参陣した。いってみれば、信長の旗本と連枝衆のすべてが動員された大軍勢だった。なにもかも蹴散らし、皆殺しにしてくれると信長は息捲き、郡山城に入り、奥州聯合を相手どって一大攻防戦に突入した。

 

 この攻防は延々3カ月も続き、双方は極度に疲弊した。だが、奥州聯合の方が物資を供給する兵站線が短い分、有利だった。信長は、城が阿武隈川と逢瀬川の造り出した三角洲にあることから、両川に沿って長大な防衛線を築いていたが、それも徐々に破綻し、次第に身動きが取れぬようになっていった。

 

「もはや、これまでか」

 

 そう思った矢先だった。敵方の後方が大いに乱れ始めたのである。遠望すれば「南無阿弥陀仏」や「信心正因、称名報恩」などと書かれた旗が翻り、喚きを上げた大集団が奥州聯合に襲いかかっているのが見えた。明らかに出羽一向一揆の者たちだった。

 

 信長は最後の力を振り絞って城を出て、諸将もろとも奥州方へ突撃した。賭けは実り、勝つことができた。結果だけ見れば圧倒的な勝利だった。が、信長は腑に落ちない。いったいどういうことなのか。一向一揆と自分とは積年の仇同士のはずで、怨まれこそすれ助けられるような立場にはない。

 

「のう、信長公」

 

 火縄銃を担いだ雑賀孫市である。味方になったり裏切ったり、ときには狙撃してきたり、まったく掴み所のない、どれだけ憎んでも憎み足りない雑賀衆の棟梁だった。この男が、本願寺顕如の言葉を伝えてきた。もはや、戦の時代ではないと。織田信長はすでに天下人である。天下人が徒に血を流したところで得るものはない。怨みを買ったところで国は富まぬ。双方、和睦し、刀槍を捨ててはどうか。ならば、本願寺も未来永劫、武器は持たぬ。民草の幸福と極楽往生だけを願い、信長が築き上げてゆく世を見つめてゆこう、と。

 

信長は手にしていた太刀を放り捨て、京への道を戻っていった。

(次回に続く)

KEYWORDS:

過去記事

秋月達郎あきづき たつろう

作家。歴史小説をはじめ、探偵小説から幻想小説と分野は多岐にわたる。主な作品に『信長海王伝』シリーズ(歴史群像新書)、『京都丸竹夷殺人物語: 民俗学者 竹之内春彦の事件簿』(新潮文庫)、『真田幸村の生涯』(PHP研究所)、『海の翼』(新人物文庫)、『マルタの碑―日本海軍地中海を制す』(祥伝社文庫)など

最新号案内

歴史人 11月号

戦国武将の国盗り変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで戦国史を地図で読み解く