×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

徳川家康が秩序を作った地・駿府の名品を愉しむ 静岡市歴史博物館『開館記念企画展 徳川家康と駿府』

編集部注目の歴史イベント


静岡市歴史博物館では令和5年1月13日(金)~2月26日(日)の間『開館記念企画展 徳川家康と駿府』が開催される。


 

■徳川家康にまつわる名品の数々

 

開館記念企画展 徳川家康と駿府

開館記念企画展 徳川家康と駿府

 江戸時代260年の太平をもたらした徳川家康は、生涯の1/3にわたる長い期間、駿府を拠点としていた。特に天下の最高権力者「大御所」として過ごした9年余りは、東アジア諸国との緊張緩和、公家をも支配下に置く秩序の構築など、一生のうち最も雄大なミッションに臨んだ活動期だ。その巨大な輝きが、駿府城下の暮らし、多くの寺社、そして郊外の集落にまで遺した記憶と陰影を、静岡一円に現存する家康ゆかりの資料から考える。

 

【開催概要】

会期
令和5年1月13日(金)~2月26日(日)
開館時間
9:00~18:00 ※1/13(金)は14時開館 (展示室入場は閉館の30分前まで)
場所
静岡市歴史博物館 3階 企画展示室
料金
<企画展示観覧料> ※基本展示も合わせてご覧いただけます。
一般 1,000円(800円)
高校生・大学生・市内70歳以上 700円(550円)
市外小中学生 250円(200円)
※()内は20人以上団体料金。
※市内在住・通学の小中学生は、こどもカード等提示で無料。
※一般以外の方は、学生証などをお持ちください。

 

お問い合わせ先
054-204-1005

 

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。