×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

Ifの信長史 第4回~明智の雑兵に扮して本能寺を脱出する信長!~

大混乱の境内ではどの顔も泥と血と煤で見分けがつかなかった

大混乱の境内ではどの顔も泥と血と煤で見分けがつかなかった

脱出する信長

混乱のなか明智の雑兵に扮し本能寺を脱出!CG製作/中村宣夫

「夜着をお脱ぎあそばされよ」蘭丸の気転により、信長は、素肌の上に侵入してきた雑兵の小具足をつけ、爆破によって炎上している本能寺の境内に立った。すでに直子は下女たちに紛れて寺を脱しており、残るは信長とそのわずかな供回りだけだった。とはいえ、早くも半数以上が倒れている。蘭丸は泥を手にして、信長の顔といわず手足といわずそこらじゅうに塗りたくり、

 

——ご辛抱めされよ。

 

 と、叫んだ。

 

 あとは、主従もろとも雑兵にまぎれた。

 

 境内は、攻め込んだ明智勢でごったがえしている。どの顔も泥と血と煤で汚れ、まるで見分けがつかない。そこへもって、弾薬庫が次々に爆ぜて轟音が木霊し、耳をふさいでも鼓膜が破れそうな状態となっている。誰もが狂乱、逃げまどう織田方の者を殺め、さらに火をかけた。信長は蘭丸と共にそうした兵にまぎれて境内を抜け、濠を渡った。

 

 しかし、なんとか本能寺の北裏へ出たものの、光秀の手勢がひしめき、混乱が混乱を呼んでいる。と、そのとき、うしろから、声が掛けられた。阿弥陀寺の清玉である。

 

 信長があれこれとなく目をかけている浄土宗鎮西派の住職で、阿弥陀寺は本能寺から北へ一里弱の西ノ京蓮台野芝薬師(上京今出川大宮)にある。信長は清玉と共に阿弥陀寺へと難を逃れた。ともかくは、安土城へ逃げねばならない。安土では蒲生賢秀・氏郷が留守を守っている。安土城にさえ戻れれば、光秀など恐るるに足りない。

 

「大津じゃ。大津には、大船がある」

 

 佐和山の大船と伝えられるもので、信長がその船に乗って安土へ向かえばいいという。

 

「となれば、山科越えにござりまするな」

 

 清玉はひとつの案を出した。そもそも阿弥陀寺は近江国坂本に創建したもので、故地を訪ね、いまだ残されている堂宇を拝み、無縁仏に経を捧げるのは自分たちの務めである。その一行に紛れて行けばいいと。信長は腰をあげた。直子を阿弥陀寺に託し、主従ともども僧衣に身を包んですぐさま出発した。

(次回に続く)

KEYWORDS:

過去記事

秋月逹郎あきづき たつろう

作家。歴史小説をはじめ、探偵小説から幻想小説と分野は多岐にわたる。主な作品に『信長海王伝』シリーズ(歴史群像新書)、『京都丸竹夷殺人物語: 民俗学者 竹之内春彦の事件簿』(新潮文庫)、『真田幸村の生涯』(PHP研究所)、『海の翼』(新人物文庫)、『マルタの碑―日本海軍地中海を制す』(祥伝社文庫)など

最新号案内

歴史人 8月号

江戸庶民の衣食住

天下泰平を謳歌した庶民の「暮らし」と「仕事」を図解解説!