×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

「空戦の神様」と呼ばれた撃墜王・杉田庄一と「紫電改」(川西N1K2-J)

祖国の栄光を担った「蒼空の武人」とその乗機 第11回


日本軍戦闘機が苦戦したF6Fヘルキャットなどアメリカ軍戦闘機と互角以上に渡り合えた「紫電改(しでんかい)」。日本本土防空戦で大活躍した同機の秘密と、エースパイロット杉田庄一(すぎたしょういち)の戦歴に迫る!


第343海軍航空隊時代の杉田庄一。享年20。最終階級は少尉。戦友や部下から「空戦の神様」と呼ばれた。

 日本海軍は、主に南方の飛行場が造成できない島嶼部(とうしょぶ)で運用する目的で、水上戦闘機を求めた。そこで飛行艇や水上機に強い川西航空機に開発を命じたが、それが遅延したせいで、零戦(ぜろせん)をベースにした二式水上戦闘機が開発された。遅れて川西も水上戦闘機「強風(きょうふう)」を完成させたが、前者が優秀だったので「強風」はわずか97機しか生産されなかった。

 

 不本意だった川西は194112月末、「強風」に引込脚を備えた陸上局地戦闘機に改修する計画を海軍に提出。当時、海軍では新型機「雷電(らいでん)」の初期不良の調整に加えて、零戦の後継機について混乱が生じており、既存の「強風」からの改修で容易に実用化できると思われたこの計画を承認した。

 

 ところが川西は、飛行艇や水上機のメーカーとしては優れていたが単発単座戦闘機には経験が浅く、海軍内部には計画を懸念する技官もいた。そのため審査の席が設けられ、結果、計画に実施の許可が下されている。

 

 できるだけ速く実用化するため「強風」の設計を極力流用することになっていたが、エンジンを「火星(かせい)」からさらに高出力の「誉(ほまれ)」に換装したことなどで各部に設計の変更が生じ、外観こそ似ているが別の機体といえるほど手が加えられた。ただし水上機の「強風」譲りの中翼配置は変わらず、ゆえに長い主脚が取り付けられた。

 

 これが「紫電(しでん)」11型で、略して「紫電」と呼ばれた。だが同機は自動空戦フラップや引込脚の不調、さらに「誉」の不具合のせいで、実戦部隊での評価は低かった。しかし「磨けば光る」優れた点もあったので、川西はさらに手を加えることにした。

 

 元になった水上機の「強風」に由来する中翼配置を零戦のような低翼配置に改め、直径の大きな「誉」に合わせて胴体のデザインや各翼の位置を修正。自動空戦フラップの信頼性を向上させ、さらに、逼迫する戦況に対応すべく生産性向上と原材料節約の観点から、「紫電」よりも全体的な簡略を加えた「紫電」21型が開発され、「紫電改」と呼ばれることになった。

 

「紫電改」は優秀な戦闘機に仕上がり、パイロットに相応の腕があれば、零戦や「雷電」では苦戦を強いられたグラマンF6Fヘルキャット、ヴォートF4Uコルセア、ノースアメリカンP-51マスタングといった強力なアメリカ製戦闘機と互角に戦えた。特に本機を優先配備された第343海軍航空隊は、日本本土防空戦で大活躍している。なお、連合軍は本機を“George”のコードネームで呼んだ。

 

 この「紫電改」で戦ったエースパイロットのひとりに杉田庄一がいる。1924年に新潟県で生まれ、太平洋戦争開戦の年の19412月、予科練に入隊。1942年に実戦部隊へと送り出された。ラバウルの第204海軍航空隊時代、訓練中に遭遇したボーイングB-17フライングフォートレスを体当たりで撃墜。これが同航空隊によるB-17初撃墜となった。

 

 杉田はまた、1943418日に撃墜されて戦死した、山本五十六(やまもといそろく)連合艦隊司令長官が搭乗した一式陸攻の護衛に任じた零戦6機のうちの1機の操縦桿(そうじゅんかん)を握っていた。

 

 負傷して帰国したが、傷が癒えると再び南方で戦う。その後、再び帰国して第343海軍航空隊に配属され、「紫電改」の操縦桿を握ることになった。女子高生から贈られた愛用の紫色のマフラーには、本人の名前と共にキャッチフレーズの「ニッコリ笑へばかならず墜とす(当時の表記ママ)」の刺繍(ししゅう)が施されていたという。

 

 空戦技の指導がきわめて上手で、後輩たちに丁寧に教えるので人気が高かった。初期からの日本戦闘機パイロットには珍しく、編隊空戦を重視していた。

 

 1945415日、鹿屋(かのや)基地でスクランブル発進の滑走中、グラマンF6Fヘルキャットに襲われて墜落し戦死。総撃墜機数には諸説があるが、70機とも120機ともいわれる。

「紫電改」。戦争末期の日本本土防空戦で活躍したが、登場時期が遅かったのがなんとも悔やまれる。

 

KEYWORDS:

過去記事

白石 光しらいし ひかる

1969年、東京都生まれ。戦車、航空機、艦船などの兵器をはじめ、戦術、作戦に関する造詣も深い。主な著書に『図解マスター・戦車』(学研パブリック)、『真珠湾奇襲1941.12.8』(大日本絵画)など。

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。